HOME >> 特別競輪後記一覧 >> KEIRINグランプリ2014

KEIRINグランプリ2014

武田豊樹が名実ともに日本一

メイン写真

悲願のグランプリ初優勝を飾り、応援にかけつけた仲間に胴上げされる武田豊樹選手。

決勝戦の赤競.NETを表示する

輪界ナンバー1を決めるKEIRINグランプリ。1年間をかけて勝ち上がった男たちが、頂を目指してぶつかり合った。そんな最終決戦を制したのは東の横綱こと武田豊樹。
 「今日はラインの前後、特に平原君に勝たせてもらいました。感謝ですね。何度か経験してますけど、どうしても平常心でレースをすることは難しくて、今日もそこのコントロールをしながら力を出そうと思っていました。グランプリは力を出せずに終わってきてますから、今年は広島記念で気合を入れなおしたし、その後は前夜祭とかで練習もほぼしなかったので、この一戦に集中した結果だと思います。この世界に入った以上は賞金王っていうのを目標にしますし、何度も途中経過までは賞金王でいることができたんですけど、今年は最後にしっかり賞金王になれて、一つ自分の目標を達成できたかなと思います」
 関東3車が結束。競輪祭決勝では武田の番手だった平原が今度は先頭で風を切る。「番手戦を選択した以上、番手戦で頑張る」と最終ホームで深谷を飛ばすと、バックからタテに踏んで念願の優勝を飾った。
 「番手戦があまりないので、ホームでの巻き返しをどうしようかとかいろんな事を考えながら走りました。一度二度、外にけん制して、平原君の踏んだ距離を考えながら外を踏みました。やっぱり大舞台はゴールが長く感じますね。今年はオールスターを勝って以降は、グランプリに勝つ為にレースに臨んでましたし、距離を踏むレースが多かったです。神山さんに抜かれることが多かったんですけど、そこでいろいろなことを学んで、この舞台でそのテクニックを使おうと思ってました」
 来年からは名実ともに王者として、1年間ライバルたちを迎え撃つ。ギア規制など不安も力に変えて、さらに進化した武田がファンを魅了する。
 「来年は本当に新しい競輪が始まります。特にギア規制は、選手にとっては大きな影響だと思う。ルールが変わっても、来年にこの舞台にもう一度戻ってこれるようになんとか努力したいです。グランドスラムっていうのも一つの目標ですけど、その目標よりも、先頭を走る選手としてまだまだプライドもってやっていきたいですね。どんなところでも任せられても走れる選手を目指して、一年間また努力していきたいと思います」

 村上義弘は近畿ラインの先頭で持てる力を全て出し尽くした。
 「今回は結果を求めていました。イメージに近い組み立てはできたし、精いっぱいやった結果なので、しょうがないです。力不足で(後ろの)2人に迷惑をかけました」

 弟の村上博幸は兄を追ってこん身の追い込み勝負に出たが、優勝には届かなかった。
 「兄はレースセンスがすごいし、レースを動かしてくれました。最後の大ギアのレースですごい激しくなったんですが、しっかり対応して、最後まで踏み切ることができました。来年はギアが軽くなるから僕らにとってはプラスになると思います」

 平原康多は打鐘から全開のスパート。力強い逃走劇で武田を優勝へと導いた。
 「村上(義弘)さんの動きで、焦りましたけど、スイッチが入りました。しっかり出切れたし、あれで持たないのは自分の力ですから。あとは武田さんが判断して、行ってくれました。武田さんの優勝は自分の優勝と同じ。今年の後半は関東でビッグレースはいい走りができたと思います。最後に盛り上げられて良かった」

 深谷知広は鎖骨骨折からの復帰戦。前受けから8番手まで引いて、一気の反撃に出たが、武田のブロックで止まってしまった。
 「村上さんのやる気がありそうだったので、(打鐘前に)見てしまった。あそこで見ずに、踏めれば良かったですね。頭の中で思っているのと、車の進みが違った。やっぱりどれだけ頑張って練習してもレースには敵わないですね。実力不足です」

号砲で浅井康太が一番に飛び出してスタートを取った。初手は深谷知広ー浅井、村上義弘ー村上博幸ー稲川翔、平原康多ー武田豊樹ー神山雄一郎、岩津裕介の順番で並んだ。
周回が進み、青板周回の2センターから平原が上昇していくと、村上義が中団から合わせて出て行く。村上が突っ張り一旦は中団に入った平原だったが、打鐘で再度叩いて先頭に立つと、これを追った深谷がそのまま一気に反撃。平原は先行態勢に入り最終ホームを通過し、深谷が猛然と巻き返していく。すると、武田が1コーナーで外をブロックして深谷をけん制。深谷は一発で飛んでしまった。この動きで村上は内を一車すくって神山を退かしにかかかった。村上が大きく持っていくと、ゴチャ付いたあおりで岩津が落車してしまう。一方、平原のスピードが鈍ると、武田が躊躇なくバックから番手まくりを敢行すると、後続を引き離して勝負あり。勢いそのままゴール線を先頭で通過し、グランプリを制した。神山は必死で外併走を耐えたが、3コーナーで弾かれ万事休す。このあおりで浅井も後退。村上義は離れながらも武田を追うと、直線で村上博が追い込んで2着に入る。

  • ゴール写真
  • 表彰写真