HOME >> 特別競輪後記一覧 >> 第64回高松宮記念杯競輪

第64回高松宮記念杯競輪

福島の固い絆で成田和がV

メイン写真

3度目のG1優勝を飾った成田和也選手。寡黙な男がゴール後に拳を突き上げ、喜びを爆発させた。

決勝戦の赤競.NETを表示する

福島勢の固い絆が実を結んだ。3人の連係プレーは完璧だった。初手で有利な中団の位置を確保。打鐘で佐藤友和が斬った上を新田祐大が叩いて先行すると、すかさず反撃に出た藤木裕を成田和也が一発のブロックで仕留めた。
 「作戦では初手は(佐藤)友和が前を取るのかなと考えてたので、まさかという並びになって僕たちに有利になったと思います。新田も最初から思い切って仕掛けて勝負するということを言ってましたので、ああいうレースも考えてました。藤木君はすぐに来るだろうなという風に読めていましたし、しっかり当たって止めることが出来たので。あそこで行かれてはどうしようもないんで良かったと思います」
 新田のかかりは抜群で別線に付け入る隙を与えなかった。最終4コーナーでは福島ライン3人で上位独占の態勢。番手の成田が渾身の追い込み勝負で栄冠をつかんだ。
 「本当に新田君が今開催、最近の強さ同様に凄く強くて、4コーナーまで食らいついていこうという気持ちでした。最終バックからの加速が本当に凄くて、余裕はありましたけれど、多分バックではまくって来れないなと。4コーナーまくり追い込みみたいな形で来るかなという風に感じてました。最後は思い切って踏みましたね。自分の感じ通りに踏むことが出来ました」
 昨年の熊本ダービー制覇から1年3カ月。「長かったですね」と振り返るが、その間も日々、精進を重ねてきた。3度目のG1制覇にもおごりはない。日本一の追い込み選手を目指し、全ての面で磨きをかけていく。
 「いつもそうなんですが、北というラインがあって自分を活かしてもらっている。ラインに恵まれての今日も勝利だったので、また番手回ったときも、三番手まわったときもしっかり仕事をして最後に勝負できればなと思っています。まだまだ追い込み選手、今走っている選手でも沢山素晴らしい技術を持っている人もいますし、井上(茂徳)さんとか話しを聞いたりVTRを見たりすると、全然自分には真似出来ないようなレースをされているんで、自分もそういう凄い選手を目指してですね。また次に親王牌がすぐにありますんで、そこでしっかりビシっとしたレースが出来るようにします」

 新田祐大は福島ラインを上位独占に導く見事な逃走劇だった。2着とはいえ、その評価は一段と高まった。
 「初手の並びである程度、こうなるんじゃないかなって思っていた展開になりました。自分でしっかり動いてレースを作れたし、いいレースができたと思います。感じ良く駆けられました。1着なら最高だったけど後ろは成田さんですからね。2着に残れて自信になったし、ステップアップすることができたと思います」

 伏見俊昭はライン3番手をきっちりと追走。後輩2人をきっちりアシストして3着をキープした。
 「ライン3人で決まって良かったです。いい展開になりました。新田が強くて落ち着いていましたね。ここに向けて3週間、みっちり練習してきた成果は出たと思います」

 藤木裕が不発の展開から最終2コーナーで4番手に切り替えた南修二は最後に中割りを狙ったが、福島勢の壁は厚かった。
 「いい緊張感の中で走れたと思います。藤木は頑張ってくれました。全員が自分のコースを作ってくれたのに力不足ですね。抜けなかった」

 藤木裕は最終ホーム手前から福島勢に襲いかかったが、成田のブロックに阻まれた。
 「成田さんのブロックがうまかったですね。綺麗に入ってしまった。新田が強すぎ。悔しいですね。今回は勉強になったし、もっと練習して、やらないといけないことも増えた」

 福島勢と別線勝負となった佐藤友和はまくり不発。近畿勢の動きが誤算だった。
 「ちょうど仕掛けようと思ったときに近畿勢に降りられてタイミングが狂ってしまった。脚はめちゃくちゃ良かったんですけどね」

 神山雄一郎は佐藤と共倒れに終わった。
 「しょうがないね。友和も1回脚を使った分、きつかったと思います。また次に頑張ります」

お互いに見合ってのけん制気味のスタートから藤木裕が出て正攻法の位置に入る。これで並びは、藤木―南修二―稲川翔の近畿勢が前受け、中団に新田祐大―成田和也―伏見俊昭の福島トリオ、単騎の荒井崇博、佐藤友和―神山雄一郎で落ち着き周回を重ねる。
青板バックから佐藤が上昇を開始。佐藤は赤板で藤木に並びかけるが、藤木も引かずに誘導の後位が両ラインで併走となる。打鐘手前まできたところで、佐藤ラインに切り替えていた新田が踏み込んで主導権を奪う。叩かれた佐藤は車を引いて行くが、藤木がすかさず荒井を制して福島ライン4番手の位置を奪う。藤木は休まず最終ホーム入り口から一気のスパートで福島勢に襲いかかる。しかし、この動きを察知した新田も踏み込む。そして、ホーム手前では迫る藤木に成田が的確なブロック。これで勢いが鈍った藤木は出切れないまま2コーナーで後退して行く。レースは完全に新田のペースで一本棒のまま。まくりに構えた佐藤も、下がってきた藤木が邪魔でタイミングが取れない。3コーナーでようやく佐藤はまくりにかかるが、全く車が出ないまま不発に終わった。直線に入って驚異的な踏み直しを見せる新田を、成田がギリギリ交わして頂点に立った。2着新田で、3着にも伏見が入って福島トリオで上位を独占。地元の南は藤木が出切れずと見るや、4番手に切り替え、最後は中割りを狙ったが届かなかった。

  • ゴール写真
  • 表彰写真