高松宮記念杯競輪
検車場レポート

■ 6月12日(前検日) ■ 6月13日(初 日) ■ 6月14日(二日目) ■ 6月15日(三日目)

藤木 裕 選手

南 修二 選手

新田 祐大 選手

佐藤 友和 選手

荒井 崇博 選手

   猛暑続きから一転、6R終了後から『雨の宮杯』となった第64回高松宮記念杯3日目。準決勝3個レースが行われ、最終日決勝に臨む9選手が出揃った。


 10Rが始まる直前から雨足が激しくなり、レースは2ヶ所で落車のアクシデント。中川誠一郎が驚きのカマシ策を見せたが、冷静に3番手に引いた藤木裕が、バックからまくって先着。地元の南修二と嬉しいワンツーで、地元地区のG1優参を決めた。
 「プレッシャーはあった」。近畿勢の良い流れを作るために、準決勝のトップバッターとして挑む責任もあった。そして見事に乗り越えた。「結果的に良い位置を取れたのが良かった。いつもは全開で踏んでしまう場面も、冷静に対応してまくりに行く余力を残せた」とレースでは落ち着き払った動きを披露。「何とか決勝に乗りたいと思ってた」との胸の内を初めて明かし、「近畿3人で上位独占決めたい。最後は自分も(Vを)狙っていく」。決勝も地元勢の牽引役だけには留まらないつもりだ。
 南修二は、合志正臣にブロックを受けたが凌いだ。藤木の落ち着いた運行があってこそでも、大舞台の切符をしっかり手繰り寄せた。「いつも(の開催)と同じと思っても、やっぱり違う。自然と力が入っちゃいますね」。3日間を終えても、緊張感はほぐれない。それも「今のところは良い方向に行ってくれている」と緊張感をパワーに変え、決勝までこぎつけた。
「体調も気持ちの面でも良い状態で走れている」と一昨年の競輪祭以来のG1優参を喜んだ。注目された稲川翔との前後は「僕がワガママを言わせてもらって」藤木の番手を回ることとなった。
 武田豊樹マークから、神山雄一郎が3着に食い込んだ。「何はともあれ嬉しいね。武田君が展開を作ってくれるので、自分はとにかくアシストに徹して、と思ってた。最後も武田君が仕掛けてくれたお陰で、自分の飛び込むコースが出来ました。ギアを上げて、伸びも十分だったと思う」。決勝は、絶好調の佐藤友和に任せる。
 武田豊樹は5着。決勝進出はならなかった。記者陣の質問にはうん、うんとうなずくばかりで、最後は「負けました」と一言。悔しさを噛み殺した。



 新田祐大の勢いが止まらない。「凄く有意義なレースだった」と振り返った準決最大の激戦区と目された11Rを、深谷知広と脇本雄太をまとめて蹴散らすまくりで成田和也とワンツー。共同通信社杯3日目から14戦連続連対の離れ業で、G1初タイトル(SSカップみのりを除く)に王手をかけた。2予では2着ながら上がり10秒4の猛スピードを出すなど「走っていて、自分の体に良い刺激が入るスピードが出ている。これで日に日に状態が良くなってます」とデキは申し分なし。今年はG1初優参で、「着実に3日間を終えられた。あと1日、自分の力を出し切るだけ。勝って、GPの権利をここで決める」。最後は強気にV宣言。一気に主役の座へ登りつめる。
 「(新田君の)初速に口が空いた」と成田和也は決勝進出にも反省を怠らない。「決勝では小さなミスも命取りになる。更に集中して頑張ります」。状態面については「徐々に上がっていて、準決が一番良かった」と調整も順調の様子。9選手の中でただ一人、今年のG1全てで決勝進出。抜群の安定感を武器に大一番に挑む。
 G12度めの準決で、「初めて乗るなら地元でと思っていた」と話した稲川翔が、脇本雄太追走から最後は自力に転じ、嬉しいG1初優参を達成した。「南さんのやってきたことは見ていたので納得してます」。最後まで自身の思いを明かさぬまま3番手回りを表明。「今年は、この時のためにずっと練習していた」という大舞台で生涯最高の走りを見せる。
 師匠の金子貴志とともに決勝進出を狙った深谷知広は、脇本を豪快に叩き切るも、新田のまくりに屈した。「結果的に、逃げただけになってしまった。出切って一杯でしたね。でも足りない箇所もわかったし、以前に頃に比べれば確実にステップアップ出来ている。親王牌までに修正します」。今年のビッグでは初めて決勝進出を逃したが、早くも巻き返しに視線を向けた。
 脇本雄太は意気消沈。「全開で合わせにいったけど…。雨で後輪が滑っていたけど、完全に力負けです」。



 12Rは、村上義弘を相手に、車単の一番人気に支持された佐藤友和が、単騎の不利を跳ね除けて今節2勝目をゲット。ダービーに続くG1連続優参となった。「位置取りはミスでした。でも脚の状態が良いから勝てましたね」と笑顔。「調子は良い。もっと先を見据えて調整してたが、自分の思った以上に仕上がるのが早かった」。思わぬ誤算を強調しながらも、最後は「Vだけ狙って。行ける所で仕掛けるだけ」といつものビッグマウスでV宣言。昨年の親王牌以来のG1制覇へ虎視眈々だ。 佐藤とは袂分けて同じく単騎で挑んだ伏見俊昭も、SSシリーズ風光る、全日本選抜を制した地で蘇った。「本当に岸和田は相性が良い。脚の感じも、初日からずっと良かった。モノに出来て嬉しいね」。決勝は福島3番手から、乾坤一擲の差しを披露する。
 根田空史との即席ラインとなった荒井崇博は、根田の先行に乗って3着。「もう忘れました」と話した、08年西武園全日本選抜以来のG1優参を決めた。「3日間全てラインの前後の選手のお陰。準決も自分の精一杯の動きはしたつもり。決勝に乗れたし言うことはないけど、つくづく力を戻したいと感じました」と激闘を振り返った。決勝は「単騎で切れ目、切れ目を回るか、折り合った位置から一発を狙います」と単騎での戦いを宣言した。



 KEIRIN EXPRESS
Copyright(c) 2012 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで