高松宮記念杯競輪
検車場レポート

■ 6月12日(前検日) ■ 6月13日(初 日) ■ 6月14日(二日目) ■ 6月15日(三日目)

藤木 裕 選手

脇本 雄太 選手

深谷 知広 選手

南 修二 選手

新田 祐大 選手

 大津びわこ競輪場の廃止に伴い、近畿の地から離れていた宮杯が、帰ってきた。第64回を数える、G1『高松宮記念杯』がだんじりの街・岸和田でいよいよ幕を開ける。


 初日は予選、特選ともに東西に分かれての戦いに。
 西日本のメインは11Rに行われる『白虎賞』だ。ここには、地元地区の近畿勢が5名登場。京都3人と、脇本雄太に地元の南修二が付く形で袂を分けた。
 数の上でも上回る京都勢が圧倒的有利とも思われたが、絶対的エースの村上義弘が「6月7日から熱が出て、まだ下がり切っていない。うまく調整することが出来なかった」と直前でまさかの発熱に見舞われ「今年一番厳しい状態」とトーンダウン。勢力図が変わりつつあり、藤木裕と脇本雄太の、近畿を代表する若手同士のマッチアップが最大の焦点だ。
 藤木裕は飄々。村上兄弟2人を背にするのは2度目で「初めてのことではないので」と動じる気配は全くない。脇本とも1月の和歌山記念決勝以来の対戦となるが「自分は自分の走りをやるだけです」と真っ直ぐ前を向いた。直前は、深谷知広らに混じって高地トレに参加。「ダッシュ力はついたけど、その分タレるようにもなった」と苦笑いするが、大いに刺激を受けた様子。地元地区のG1は初出場。闘志は内に秘めたが、初日からパワー全開で別線に立ちはだかる。
 前場所後に京都へ出稽古に出た脇本雄太も、お世話になった京都勢を脅かす準備は万端だ。「京都で3日間合宿したけど、皆さんの強さに参りました。でもタイムを見たら、自分が弱い訳でもなかったですね。岸和田は(5月の)全プロ競輪で走った時に、以前と比べて印象が違った。先行で走り易いバンクに変わってましたね。これは自分にとっては良い傾向。地元地区のG1だし、気合入ってますよ」。地元で迎えた4月の共同通信社杯とは違い、程良い緊張感で臨めそうな今大会は特に要注意だ。
 近畿勢をまとめて蹴散らすことが出来るのは、深谷知広をおいて他にいない。2月の全日本選抜、3月のダービーではともに準V。2年ぶりのG1タイトルへ今度こその期待が懸かるが「決勝に乗れてるけど、勝ち上がり段階での内容とかが良くない。その辺も意識して走りたい」とレース内容にも拘りを示した。「今回も4・15のギアで。前場所の反省からも、対策はして来ている」。G1では特に集中力が増すだけに、前場所のような隙は皆無か。


 地元勢は3名がスタンバイ。前田拓也(7R)は、「いい練習と調整が出来ました」と胸を張る。函館記念の3日目から好転した流れを、ここにも繋げたい。
 稲川翔(9R)はとにかく自然体を強調する。「いつも走っているバンクだし、気負わず走れれば大丈夫でしょう」。この姿勢がどう出るか注目だ。
 「前場所はオーバーワークだったけど、今回は万全の状態で来れました。いつも以上に結果を残したい気持ちが強い」と南修二(11R)も気力が充実だ。
 少数精鋭の地元勢から目が離せない。

 他では稲垣裕之(7R)が「やっと今の自転車とギアに慣れてきた。体調面も問題ない」と活躍を誓う。「直前にここのバンクに1日入って練習もしました。仕上がりも悪くないですね。でも、地元の前田(拓也)さんには差されました。前田さんも仕上がっていますね」。
 近況は充実の水谷好宏(9R)は、2度目のG1出場で台風の目と化すか興味深い。「今年は、苦手な冬場でも成績が良かった。特に変わった事は何もしていないけど、今思えば、その辺がいつもと違ったのかな。でも、まだまだ挑戦者という意識に変わりはない。決勝に乗りたい気持ちもあるし、やらないといけないという想いもある。1走1走頑張ります」。強気な発言も出たが、まずは1戦集中を誓った。


 東日本のメインは『青龍賞』だが、ここでは充実一途の新田祐大(10R)に注目。予選スタートではあるが、別府記念制覇後も、当所の全プロ競輪での『SPR賞』を制し、直前は富山F1で、藤木裕らを相手に完全V。ここ11走全てで連対を果たし、まさに勢いは最高潮だ。特選メンバーの共同記者会見で、武田豊樹から「今は新田君が強い」と名指しで持ち上げられたほど。青龍賞出走組も恐れる強さで、一気に輪界の頂点へ駆け上がる構えだ。「しっかり調整して来れた。今回も大丈夫だと思う」と自信を覗かせる。「前場所もF1にしては凄いメンバーで常に緊張感を持って走れたし、結果も出せた。G1前に良い体験が出来た。G1では、行かないといけない場面でしっかり行けるかどうか。そこを逃さないように」。岸和田は全プロ競輪での活躍が記憶に新しく「この前だけにならないように」と気を引き締めた。


 青龍賞(12R)からも何名か。
 前年度高松宮記念杯覇者の武田豊樹は、連覇を狙って登場。「ここへ向けて良い準備が出来ました。しっかりとした組み立てが出来れば、結果も付いてくるでしょ。常にG1タイトルは狙っているし、1つでも多くタイトルを獲って引退したい。今回も、もちろん狙っていきますよ」。
 武田と別線を選択した平原康多。前場所は初日に落車のアクシデントがあったが、最終日まで走り通した。「無理に走った割には、ソコソコ走れたと思う。武田さんと別線というのはなかなかないけど、自分も力を出し切ってぶつかりたい」。全日本選抜の覇者として、2次予選敗退を喫したダービーの二の舞はゴメンだ。
 直前の函館記念でVを飾った成田和也が脅威の存在。「良い感じで走れたし、最高の結果を出せた。今回も変わらずに、良い状態で走れそうです」。輪界屈指のキレで、浪切バンクを切り裂く。




 KEIRIN EXPRESS
Copyright(c) 2012 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで