宇都宮競輪場【第26回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪】
検車場レポート

■8/4(前検日) ■8/5(初 日) ■8/6(二日目) ■8/7(三日目)

神山 雄一郎 選手

武田 豊樹 選手

神山 拓弥 選手

佐藤 友和 選手

村上 義弘 選手

 栃茨戦線に異状あり、佐藤友和が神山雄一郎への刺客に名乗り! 第26回全日本選抜競輪(GT)が今日7日、準決勝三番勝負を消化しベストナインが出揃った。栃茨カルテットを指揮する神山雄が名古屋オールスター以来、5年ぶりにGT戴冠を果たすか。絶好の動きを見せている佐藤友和が、初のGT戴冠を果たすか。武田豊樹がまたも驚速を見せるか。見どころ多き真夏のファイナルへは、準決勝を振り返る当コーナーを御参考に。


 準決勝三番勝負は12レースからレポート。
 神山雄一郎は武田豊樹を差せずで二着も納得ずくだ。「武田が凄い加速。全然タレなかった。落ち着いているし、強い。去年の記念決勝(優勝)みたいに? GTだから甘くないよ」と表情を引き締めた。
 武田豊樹は後方まくりで叩き出した上がりタイムはシリーズ一番の13秒5。「木村(貴宏)君まで引き込めたのは大きい。昨日はまずいレースだったけど、今日は冷静に判断しながら戦えた。まくりで差されなかったし、抜かれたくない気持ちだった」。勝った特選後や不発の優秀戦後と異なり、言葉が弾んだ。
 加藤慎平には絶好展開が束の間だった。小嶋敬二が先制したが、まくり上げた松岡健介が加藤の外にへばりつき、「あれでは、手の打ちようが…。うーん、仕方ない」と唸った。


 11レースでは神山拓弥が地元でGT初優参を果たした。永井清史と渡辺一成の叩き合いに、中団で脚を溜めて中コースを踏み、「大塚(健一郎)さんのスピードが凄くて、吸い込まれた。優参? 夢のようです。外を踏めてないけど、状態が日に日に良くなっている。脚にも余裕を感じる」と堂々の受け答えだった。
 中村浩士は最終バックをシンガリ通過から、最内コースを俊敏に踏み込み三着入線。海老根恵太が不発のピンチを凌いだ。「伸びが悪かった2日目から、しっかりと修正出来た。流れが見えて、冷静に対応出来ている」。GT初優参にも浮かれていない。
 山田裕仁は最終2センターから、自ら外を踏んだが「もうちょっと、(踏むタイミングを)待った方が良かったよね。状態良いのに、もったいない」と後悔しきり。


 10レースでは佐藤友和が快勝。決勝一番乗りに「リベンジで、仕留めてみせます!」と堂々のV獲り宣言が飛び出した。準決で快速捲りから決勝一番乗りは、特選で後方捲り、優秀の逃げでバンク特性を再確認した賜物。「宇都宮名物の雷や夕立がきても大丈夫。今回は頭が冴えて、体とイメージが一致している。春からGT照準で順調にきた。獲れるし、獲る」。昨年の当所記念決勝は、神山拓弥が発進し、武田豊樹は番手捲り。優勝した神山雄一郎に、佐藤は三角捲りで二着と肉迫した。神山雄に「去年もいたよね」と警戒レベルを上げられた男。山崎芳仁には「超一流レベルに二段駆けされたら苦しい。ただ、友和は獲れるデキ」と太鼓判を押された男。自身は、「今回は届くか? 捲りって決め付けないでくださいよ。秘策に奇策あり。(栃茨の)分断? もちろん!」と、ゲリラ戦も考えている。
 村上義弘は三着入線、親王牌に続きGT優参も表情は険しいまま。七番手からまくり追い込みのレース運びに「焦りもあったし、組み立てが中途半端だった」と、自らを酷評した。


 負け戦からは6レースをピックアップ。
 山崎芳仁が上がり13秒7と驚速を見せた。七番手まくりは岡部芳幸に差されはしたが、「牧さんの牽制が効いて、無理に仕掛けた感じに。状態? ギア上げて、感じ良く踏めた。最終日も集中したい」。
 岡部芳幸は「強い? オレじゃなくて、山崎だよ。凄いスピード。あれだけ牽制受けたのに、踏み直しも凄かった。オレ? FTばかり走っていて、読みとレース勘が狂っている」と冷静に自己分析。


 KEIRIN EXPRESS
Copyright(c) 2010 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで