宇都宮競輪場【第26回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪】
検車場レポート

■8/4(前検日) ■8/5(初 日) ■8/6(二日目) ■8/7(三日目)

佐藤 友和 選手

山田 裕仁 選手

小嶋 敬二 選手

村上 義弘 選手

神山 雄一郎 選手

 ファイナルシートへ佐藤友和が一番乗り!? 第26回全日本選抜競輪(GT)が今日6日は大会2日目、スタールビー賞をメインに開催された。既に準決勝進出を決めたナインの激闘は、海老根恵太が快速まくりで断! 村上義弘が『らしさ』を発揮した二次予選と併せて、2日目の熱戦譜をお届けします。明日7日は佳境の準決勝三番勝負。ビッグマウス『らしからぬ』、冷静に自己診断する佐藤が明日10レースでシリーズ初白星かなど、当コーナーを御参考に。



 メインのスタールビー賞は、全員が既に準決勝権利を持った上での戦い。海老根恵太が快速まくりで連勝を飾った。バック最後方から前団を捕らえたが、「初日に少し重く感じて、ギアを下げて臨んだ。今日も展開が向きましたね」。

 佐藤友和はホームカマシで魅せた。結果は七着大敗にも、「脚が日に日に軽くなっている。オーバーワーク気味で来たからどうなるかと思ったけどね。初日と2日目で違う戦いが出来たし、明日以降の流れも見えてきた。準決勝の敵は川崎記念でやられた(坂本)亮馬? いやいや、亮馬は自分で展開を作ってないから。やっぱり怖いのは村上さん。今日の動きを見れば、凄い仕上がりと気合。村上さんはラインが長くなるし、しっかりと対策を立てたい」。早くもポイント整理が進んでいる。





 二次予選は6レースから。

 山田裕仁が俊敏な立ち回りで勝った。柴崎淳から川村晃司へスイッチし、最後は鋭く踏み込み「川村が意外に強かった。柴崎を(川村後位へ)入れようか迷ったけどね。状態? 今回は間隔が空いて、調整も計画通り、計算通り出来た。明日からも番組と展開次第で何とかなるデキ。初日もタイムが出ていたし、今日も良い感じで車が出た」。

 香川雄介は最終バックをシンガリ通過から、最内コースを突いて三着。大ピンチを凌いで「山田さんが強く、しっかり踏んでくれたから、自分のコースが空いた。ツキがある。腰痛も出てないし、良い状態」。



 7レースは市田佳寿浩と松岡健介がワンツー決着。

 市田佳寿浩は「しっかり踏み直した松岡のお陰。今回は(差しはぐれ)しない様にと、しっかり。それにしても、松岡の気持ちが嬉しかった。作戦通りに動いたし、(松岡は)良い状態だよね」。



 8レースは結果的に、永井清史小嶋敬二で中部ワンツー決着。小嶋が押さえた最終ホームで、永井は鮮やかにカマして快勝。初日と異なり、末脚しっかりで「フレームを元に戻して、ギアも上げて、普段と同じ感覚で踏めた。準決勝も自分のペースで踏めれば」と自信がV字回復。

 小嶋は三番手確保から、上がり13秒7のまくり差しで永井に迫り「三谷(将太)の一車が大きかった。でも、付くなら、もっと早く言ってくれた方が。朝から単騎でどう戦おうか、カマして一人旅をしようかと考えていたのにね。状態? スピード不足だった親王牌の時とは違う」。



 9レースでは村上義弘の強さが際立った。

 「ドンピシャだったが、車が出なかった」と、カマした浜田浩司を、後方まくりで仕留めて「ホームでハウスしてバランスを崩し、そこから無理やり仕掛けた。意図的に早めに、あそこが勝負所と思って堪えた」。岩津裕介の猛ブロックをも凌ぎ、心技体は充実だ。 南修二は村上とワンツー失敗。神山拓弥に直線で中割りされて、「甘かった。これを薬に、準決勝こそ気持ちを引き締めたい。状態? 前検日の3日ぐらい前に、体に当たりを感じた。親王牌で落車して、まずは体のケアに、バンクとウエイトトレで急仕上げ。完璧な仕上がりじゃないけど、戦える、戦えます」と力強く宣言した。



 11レースは神山雄一郎がシリーズ初白星。上がり13秒9でまくった渡辺一成をしっかりと差し切り、「(渡辺)一成のスピードが凄いから、付いていけば準決勝に行けると。一成が味方で良かったよ」と安堵したかの表情を見せた。

 渡辺一成は今日も仕上がり不足を訴えた。「重くて、重くて。前がやりあってくれて、今日も展開が向いただけ。何とか修正して備えたい」。



 KEIRIN EXPRESS
Copyright(c) 2010 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで