小倉けいりん 第49回【競輪祭】
レース展望/注目選手 トップ選手が語る SS 出場選手データ ファンサービス 場外発売/テレビ中継 検車場レポート 出走表/競走結果
小倉競輪場
検車場レポート

■ 1月23日(前検日) ■ 1月24日(初 日) ■ 1月25日(二日目) ■ 1月26日(三日目)

検車場レポートムービー
動画を再生(単位:bps)
アクセス集中時等によりご覧いただけない場合はご了承ください。
ライブ中継・ダイジェスト映像は無料です。
お客様の回線やパソコン等の環境により視聴しにくい場合があります。ご了承ください。
ご覧になるにはWindowsMediaPlayerパージョン7以降のインストールが必要です。
※インストールされていない場合は右のロゴをクリックしダウンロードしてください。Windows Media Player
武田 豊樹
(茨城・88期)
56k | 256k
村上 義弘
(京都・73期)
56k | 256k

山崎 芳仁 選手

佐藤 友和 選手

高谷 雅彦 選手

井上 昌己 選手

加倉 正義 選手

 北の怪物目覚める。山崎芳仁が豪脚発揮! 第49回競輪祭は、2日目終了。山崎が上がりタイム11秒0の今節1番時計で、優秀戦『ダイヤモンドレース』を制した。二次予選からも、実力ある機動型が勝ち上がり、準決勝は超ハイレベルな戦いとなりそうだ。


 12レース『ダイヤモンドレース』は、山崎芳仁が驚愕の強さを見せた。「やっと戻ったかな。初日もある程度踏めていたし、不安はなくなった」と手応えを掴めた様子。前年度覇者がいよいよエンジン全開に。
 山崎マークの渡辺晴智は「見ての通り。前は1着。自分は4着。力不足なだけです」と不満な結果に言葉少な。
 平原康多は山崎に捲られるも、負けてなお強しの印象。「いいタイミングで行け、ラインで決まったと思った。(山崎は)レベルが違った。ただ、この状態なら、展開さえ読み間違えなければ、勝負になる」と最後は強気に締め括った。
 荒井崇博は「あの展開なら、自分が先行だなと。ただ、合わせられると思ったけどね。今日は完全に脚負けです。自分の中では悪い感じはしないし、準決勝は(井上)昌己と一緒なら心強い」と巻き返しに意欲を見せた。
 小嶋敬二は見せ場無しに終わり「荒井君が、(平原を)もう少し突っ張れればチャンスだったけどね。でも山崎君にいいスピードで行かれてしまった。準決勝は気持ちを切り替えて」とサバサバした表情。


 熱戦続いた二次予選は、機動型の活躍が目立った。
 6レースは、武田豊樹が、先行一車の利を存分に生かし、逃げ切った。2着は、選手紹介で三車併走、連日、競り合いを凌いだ後閑信一。「とにかく武田君が強かった。競りだろうと、オッズに応えなきゃいけないから」と一番人気に応え、安堵の表情を浮かべた。準決勝へ向けては「年末から調子は上がっている。平原君とは凄く相性いい。(平原も)調子良さそうで楽しみだね」と笑顔を見せた。


 7レースは、W佐藤でワンツー決着。打鐘過ぎ四角で一気のカマシ決め2着に粘った佐藤友和は「初日よりはいいイメージでいけた。脚の状態はいいが、ギアを上げたので、体のバランスがいまひとつ。ギアはこのままで行くので、体の方を慣らしていく」。4連続優参中と、GTの走り方は心得ている。
 佐藤慎太郎が差し切り勝ち。
 「(三番手の)金成が離れたので、余裕はなかったけど。友和は強い。自分も、前回から1着取れているし、自身持って走れてる」と心のゆとりが好績につながっている様子。


 8レースも北日本ワンツー。中でも、強さが際立ったのは、北津留翼を葬った菊地圭尚。「(北津留と)スピードが合ってしまったと思ったが、『絶対に叩かないと』と気力で。二日間共に、走った感じがいい。脚と気持ちが噛み合ってる。チャンスあるデキだと思う。勝負は準決勝!」と力を込めた。
 差し切り決めた岡部芳幸は「とにかく(菊地)圭尚が強かった。俺自身も、初日より良くなっていた」と今年初白星に胸を撫で下ろした。
 3着は、伏兵の武井大介。「このクラスで、自分の脚質を考えたら、ワンチャンスをどう生かすかしかない。イン粘りも最初から決めていたし、(菊地に)叩かれた後も、落ち着いて追い上げられた。準決勝も、数少ないと思うが、一瞬の隙を逃さない様にしたい」。


 9レースは、村上義弘が11秒2の好タイムで捲り、連勝ゴール。そして、矢口啓一郎をインから飛ばして逃げた高谷雅彦が、2着に粘り込んだ。「打鐘で七番手に置かれて、本来なら最悪の展開。内が空いたので、思い切って、行ける所まで行こうと。初日といい、流れが向いているかな。小倉は元々、得意ではないので、高速バンクに対処する為に、ギアを64から71に上げて、直前も、ドーム対策の練習をしてきた。去年は(競輪祭)散々だったが、今年はいいね」と準決勝進出にニッコリ。


 10レースでは、前日に驚きのイン粘りを見せた井上昌己が前受けからそのまま先行し、別線を完璧に封じた。「誰も来なくてラッキーと思っていた。踏んだ感じも良かったし、踏み直しも出来た。競輪祭は初の準決勝だし、貪欲に決勝を狙っていきたい」。
 井上を差し切った、第40回競輪祭覇者の加倉正義からは悲壮な決意が。「状態はいい。実は、競輪祭を獲って以来、GTの決勝進出がない。そろそろなんとかしたい!」。
 新田康仁は、飯野祐太をフタしたまま不発に。「飯野君に下がってもらって、仕掛けた所を付いて行こうとしたが…。まさか飯野君が下げないとは」とガックリ。
 飯野祐太は「新田さんにインを斬ってもらった所を、一気にカマそうとしたけど…。まさか新田さんが斬らないとは。全く力を出せずに終わり悔しい」。両者の思惑の、微妙なズレが、レース展開を大きく左右させた。


 11レースは、捲り届かずも何とか3着で準決進出の渡辺一成。「ライン連れていってナンボだと思っているので、納得していない。あの展開も想定していたが、あそこまで苦しくなるとは…。脚の感じはまずまずだが、体のダルさは残っていますね」と渋い表情だった。
 一方、GP覇者の伏見俊昭は準決勝進出を逃した。「仕方ない。別線に巧く駆けられた。こんな事もある」と意外にアッサリしていた。


 KEIRIN EXPRESS
Copyright(c) 2007 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで