小倉けいりん 第49回【競輪祭】
レース展望/注目選手 トップ選手が語る SS 出場選手データ ファンサービス 場外発売/テレビ中継 検車場レポート 出走表/競走結果
小倉競輪場
検車場レポート

■ 1月23日(前検日) ■ 1月24日(初 日) ■ 1月25日(二日目) ■ 1月26日(三日目)

検車場レポートムービー
動画を再生(単位:bps)
アクセス集中時等によりご覧いただけない場合はご了承ください。
ライブ中継・ダイジェスト映像は無料です。
お客様の回線やパソコン等の環境により視聴しにくい場合があります。ご了承ください。
ご覧になるにはWindowsMediaPlayerパージョン7以降のインストールが必要です。
※インストールされていない場合は右のロゴをクリックしダウンロードしてください。Windows Media Player
北津留 翼
(福岡・90期)
56k | 256k
小嶋 敬二
(石川・74期)
56k | 256k

浜口 高彰 選手

平原 康多 選手

山崎 芳仁 選手

荒井 崇博 選手

渡辺 一成 選手

   九州のエースは俺! 荒井崇博が好発進を決め、存在感アピール。 08年最初のGT、第49回競輪祭は大会初日が終了。メインの特選は、荒井の他、浜口高彰、平原康多が勝ち名乗り。一次予選では、地元期待の大器・北津留翼と共に、渡辺一成も逃げ切り勝ちを収め、ナショナル組が強行日程を克服して強さを見せつけた。二日目以降も目の離せない存在になりそう。
 

 メインの特選は10レースからレポート。先行態勢に入った武田豊樹を、鐘四角からスパートした小嶋敬二が叩いて、浜口高彰が差し切った。
 浜口高彰は、小嶋を絶賛。「外併走から早目に行ってくれたし、あそこからでは緩められないし、キツかった筈。それで自分が差せたんだと思う。それにしても、(小嶋は)ケガ後は積極的だね」。
 小嶋の反撃に屈した武田豊樹は「状態は悪くないが…。マイペースで駆けたかった」と小嶋の仕掛けの早さが誤算だった様子。
 岡部芳幸は後方で不発に。「組み立てが安易過ぎた。判断ミス。一歩目も遅れてしまったし、レース勘か…」と首を傾げた。 
 3着に食い込み、準決勝進出確定に笑みが絶えなかったのは兵藤一也。「前に任せていたし、あの展開になったのは仕方ない。四角で、神山さんが外を回ったので、真っ直ぐ走っていたら、たまたまコースが空いた。でもこの3着は大きいね」。
 神山雄一郎は「兵藤君とは内と外の差。仕方ない。外を回っても伸びていたし、状態は問題無い。明日頑張りますよ」と巻き返しを誓った。

 
 11レースは平原康多が力強い走りを披露。山崎芳仁に番手に嵌られる展開も、後続を振り切り、1着ゴール。「あそこしか行く所が無く、無理矢理な仕掛けになってしまった。(山崎に)嵌られたのはわかったし、脚も少し余っていたから合わせられた。調子はいい。それに、勝たなくてはいけないとプレッシャーのあった、前回の地元記念と違って、今回はチャレンジャーの気持ちで走れていて、冷静になれている」と言葉も弾んだ。
 平原後位を主張した飯嶋則之は、平原のカマシに離れてしまい、「情けない。脚が足りないという事。脚がないから、番手に拘ったんだが…」と下を向いた。
 手島慶介は、前(飯嶋)が離れる苦しい展開を克服し、2着に。「普通なら、もう終わった展開。あきらめずに踏んで良かった。やっと、練習の成果が出てきてくれたのか、デキは上向いている」と興奮気味に振り返った。
 山崎芳仁は、好展開を生かせずも3着に踏みとどまり「一走してみて、思ったよりは悪くない。合わされてしまったし、平原さんが強かっただけ」と表情は明るい。

 
 12レースは、荒井崇博が柔と剛を織り交ぜての捲り勝ち。「七番手になるのが嫌で、インを切った。それからは、(新田)仕掛けに付いて行けたのが大きかった。ケガ後で状態が100%ではない分、補わなければならない部分もある。柔軟性も示せたかな」と、中身の濃い今年初白星に満足気。
 注目のGP覇者・伏見俊昭は「あっという間に終わってしまった感じ。徐々に良くなるとは思うが…」とやはり、ハードスケジュールの影響がありそう。
 新田康仁は、佐藤友和を叩き切るも、結果的に荒井の捲りを誘発する形に。「七番手になったし、行くしかないと。(渡辺さんに)番手に入れてもらえて、ラッキーと思ったが…」と僅差の4着に終わり、天を仰いだ。
 新田マークから2着の渡辺晴智。「新田君のお陰。苦しい展開だったが、出切ってくれたしね。ただ、脚を相当使っていた筈。それでも、残せないのは自分の器量不足。(新田君に)申し訳ない事をした」と優秀戦進出を決めるも、笑顔は見せず。
 佐藤友和は「スピードを乗せ切れなかった。ただ、いい頃なら、突っ張り切れている展開。良くないのかな?」と自身のデキを掴みきれていない様子。しかし、「このバンクにはこっちの方が合っている」とギアを64に変更。二日目以降に向けて、早くも修正を施した。巻き返しなるか、注目したい。

 
 一次予選からは、W杯帰りのナショナル組を中心にレポート。帰国が前検日前日で、状態を不安視する声もあったが、レースでは、明暗を分ける形となった。
 4レースの渡辺一成は、時差ぼけの不安を一掃する走りで逃げ切り勝ち。好調・稲垣裕之を寄せ付けなかった。「レース前、周回中は、集中出来なくボーッとしていたが、鐘の音を聞いたら、闘争心に火がついた。誰も来なかったので、練習の様に楽に駆けられた。勝ち上がってナンボなので、結果が出て良かった。とりあえず一走して、不安は無くなった。ただでさえ、疲れているので、これ以上疲れをためない様にしないと」と視線を早くも二次予選へ向けた。


 6レースで6着に敗れた永井清史は「ペースで駆けられたが、スピードの乗りが悪かった。体もキツかった」とナショナル組で唯ひとりの予選敗退に肩を落とした。


 7レースは北津留翼、加倉正義で地元ワンツーを決めて、ファンの大声援に応えた。
 北津留の2着に続いた加倉正義は「レース前、(北津留)翼が不安そうだったので、直線は抜きすぎない様にと思って踏んだら、踏み直された。だまされたね」と苦笑しなかせら振り返った。

 


 KEIRIN EXPRESS
Copyright(c) 2007 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで