小倉けいりん 第49回【競輪祭】
レース展望/注目選手 トップ選手が語る SS 出場選手データ ファンサービス 場外発売/テレビ中継 検車場レポート 出走表/競走結果
小倉競輪場
検車場レポート

■ 1月23日(前検日) ■ 1月24日(初 日) ■ 1月25日(二日目) ■ 1月26日(三日目)

検車場レポートムービー
動画を再生(単位:bps)
アクセス集中時等によりご覧いただけない場合はご了承ください。
ライブ中継・ダイジェスト映像は無料です。
お客様の回線やパソコン等の環境により視聴しにくい場合があります。ご了承ください。
ご覧になるにはWindowsMediaPlayerパージョン7以降のインストールが必要です。
※インストールされていない場合は右のロゴをクリックしダウンロードしてください。Windows Media Player
渡部 哲男
(愛媛・84期)
56k | 256k
新田 康仁
(静岡・74期)
56k | 256k

神山 雄一郎 選手

山崎 芳仁 選手

平原 康多 選手

伏見 俊昭 選手

北津留 翼 選手

   
 今年最初のGT、第49回競輪祭が、『メディアドーム』小倉競輪場を舞台に開幕。大会連覇を狙う山崎が、調整不足を示唆すれば、前年GP覇者の伏見俊昭は、強行日程で状態未知数と、昨年の輪界をリードした福島両者に不安露呈で、勢力図一変も十分。初日から目の離せない戦いに。 



 メインの特選は10レースからレポート。 小嶋敬二、岡部芳幸、武田豊樹の機動型三人による対戦は、昨年の全日本選抜初日特選で、小嶋、武田の叩き合いを、岡部が捲ったレースと全く同じに。
 岡部芳幸は開口一番「あの時と同じですね。結果も同じになれば」とニヤリ。続けて、「今年の走り初めだし、正直、走ってみないと、状態はわからない所もある」とすぐに表情を引き締めた。
 小嶋敬二は「GP獲れなかったのは残念だったけど、今年獲れればいい。思った以上に、順調に走れているから、問題ないでしょう。全日選と同じ相手? あれから二ヶ月経ってるし、バンクも違う。別物のレースだよ」とあくまで意に介さず。
 武田豊樹は前走を振り返り、「決勝には乗れなかったが、一年の滑り出しとしてはマズマズ。相手が誰だろうと、力を出し切るだけ」と淡々とした表情。
 武田マークの神山雄一郎は、直前の和歌山記念を制し、「これ以上ないスタートが切れた。昨年後半から、体の反応が良い。自分にとっては、それが一番大きい」と心技体が充実。
 兵藤一也は「小倉は相性いい。仕上がりもいいし、楽しみ。今年こそは(GT)タイトルを…」。最後は言葉を濁したが、並々ならぬ決意が窺えた。


 11レースは、主役を務めると思われた山崎芳仁から、予想も出来なかったコメント。「GP後、インフルエンザに、気管支炎。練習出来たのは、ここ一週間くらい。調整出来てない。ハッキリ言って、誤算。花月園記念も風邪引いて、病み上がりだったが、あの時は練習出来たからね。競輪祭連覇? 決勝に乗れたら考える」とトーンは下がりっぱなし。
 佐藤慎太郎は「まだまだ、いい頃の半分くらい。今は、良かった頃に戻す事を念頭に置いている。ただ、立川記念で2勝出来たし、変に考え込む必要もないのかな」。悲壮感は感じられない。
 悲願の地元記念Vを飾っての登場は、平原康多。「(大宮記念)初日がひどいレースで不安だったが、優勝出来て結果的には大満足。気持ちの面でも違いますね。ここも狙っていきます」。
 飯嶋則之が平原の番手を主張。「いろいろ考えて、手島さんに、『(番手へ)行きます』と。昨年以上というのは、なかなか難しいかもしれないが、少しでも上回れる様に、今年も頑張る」。
 手島慶介は「てっきり自分が番手だと思っていた。競れない訳ではないが、平原に聞いたら、『競りは勘弁してくれ』と。(平原とは)仲いいし、あいつの邪魔はしたくない」とブ然とした表情。しかし、「競輪祭は、昨年悔しい思いしている。練習もしっかり出来ているし、脚は問題無い。チャンスがあれば、GTも獲れると思う」とすぐに気合いを込めた。


 12レースには、GP覇者伏見俊昭が、゛競輪゛に今年初出走。直前までロサンゼルスで行われていたW杯に出場しており、帰国は前検日前日とハードスケジュール。「正直、キツイと思います。時差ぼけで、反応が遅れるのが怖い。ただ、この状態で、どれだけ走れるかと楽しみな部分もある。昨年の松戸記念も、似たような日程で臨んで、体は日毎に軽くなっていったから」と笑顔も見せた。
 佐藤友和は「前回は正月ぼけ。みっちり練習やって来たし、もう大丈夫」。和歌山記念の不調は度外視しても良さそう。 
 荒井崇博は「レース間隔は詰まっているが、疲れはない。自分の中ではまだまだだけど、今出せる状態でやるしかない」。 
 山田裕仁は、単騎での競走を選択した。「流れに沿って、勝てる位置を探していく。熊本のケガが思ったより長引いて、今回は急仕上げなのは否めない。FT戦で、結果を残せなかったが、今は焦って、結果を求めていない。ピークはダービー辺り。今節はとりあえず、『山田は駄目だな』とここ二場所で植え付けた印象を払拭したいね」。


 一次予選組からは、地元地区のGT開催に燃える、九州勢をピックアップ。
 先陣を切るのは2レースの合志正臣。地元GTの落車で、久々の出走になるが、「体の方はもう大丈夫だが、練習出来る様になったのが、今年に入ってからだから、練習量が足りてない。厳しい」と口をついて出るのは弱気なコメントばかり。
 5レースは、中川誠一郎大塚健一郎が、前回に続いての連係。中川は「京王閣後に風邪引いて、もうひと上げする事が出来なかったが、いい状態で来れたと思う。小倉は何度も走っているし、走り易い。後ろが大塚さんと池尻さんなら、安心して駆けられる」と先行策まで考えた口ぶり。
 大塚は「前回の中川は強かった。差せないよ」と心強い後輩を絶賛。 
 北津留翼は7レースに。伏見と同じく、W杯帰りで、強行日程に「時差ぼけに加えて、体調も落ち目。調整する時間も取れないし…」。地元期待の若手だが、景気の良いコメントは出なかった。
 9レースには、井上昌己小野俊之紫原政文の三人。井上は「1着が取れているし、問題無い。予選スタートだし、ポカだけはしない様に」と話せば、小野は「大宮の成績? 心配無用。黙って見ててくれという感じ。やりますよ」と力を込めれば、立川記念完全Vの紫原は「この流れを絶やさぬ様に。三番手だけど、井上君が早目に仕掛けてくれれば大チャンス。今の状態なら、(井上君が)捲りでも…」と自身のデキに手応え掴んでいるのか、笑みが絶えない。


 KEIRIN EXPRESS
Copyright(c) 2007 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで