小倉けいりん 第49回【競輪祭】
レース展望/注目選手 トップ選手が語る SS 出場選手データ ファンサービス 場外発売/テレビ中継 検車場レポート 出走表/競走結果
小倉競輪場
レース展望
輪界リーダー 山崎芳仁に真っ向勝負 小島敬二
第49回 競輪祭展望写真 第49回 競輪祭展望写真

 タレントぞろいの北日本の勢いは止まることを知らず、08年の勢力図も北日本勢優位となるのは間違いない。そのなかでも中心となるのは山崎芳仁だろう。山崎は07年の前回大会で2つ目のG1タイトルを獲得し、早々とグランプリ07出場を決定。その後も8月のふるさと函館、12月の全日本選抜を制するなど、山崎はG1戦線を常にリードしてきた。競走では大ギアながらも踏み出しが鋭い一方で、強靭な末の粘りも発揮するといった完璧な内容と、今の山崎には死角が見当たらない。これを真似てギアを上げた自力選手は数多く、今や競輪界は大ギアブーム。その火付け役となった山崎が08年も競輪界を席巻し、G1戦線第一弾の競輪祭から猛威を振るう。同県の伏見俊昭が前回大会の決勝と同様に山崎を援護するか。07年は競輪祭の準Vをはじめ、6月の親王牌で優参、9月のオールスターでは準Vと一年間を通して安定した走りを続け、2年ぶりにグランプリの権利を獲得。また、競技面ではナショナルチームに選ばれるなど明るい話題の多い一年となった。当大会の直前にはワールドカップが控えておりハードな日程を強いられるが、北日本勢は目標が豊富なだけにチャンスを生かしたい。

 佐藤友和は07年2月に東王座に君臨。G1戦線では宮杯、親王牌、オールスター、全日本で優参するなど一年間で佐藤はまたひと回り成長した。G1の決勝戦ではいずれも大敗しているが、展開にはまったときのカマシ、まくりの威力は山崎を凌ぐ勢い。したがって、佐藤はいつG1を獲っても不思議ではない。11月の花月園記念と12月の全日本と、ここ最近は別戦勝負をしている北勢だが、山崎と佐藤の並びは流動的だ。

 北勢が別線勝負なら番手は有坂直樹か。07年3月のダービーを自力まくりで制した後は調子を崩したが、後半戦に備えるため8月の一カ月間を欠場。その甲斐があったのか徐々に調子を取り戻し、絶頂期の頃に近づきつつある。山崎、佐藤と目標に事欠かないだけに、当所を獲れるかは自身の体調次第だ。

 層の厚い北日本勢に対し、小細工なしの真っ向勝負ができるのは小嶋敬二しかいないだろう。6月の高松宮記念杯、7月の親王牌とG1を連覇するなど07年前半の快進撃は凄まじく、これにはさすがの山崎も手を焼いた。8月の小松島記念で落車し、不運にも肩甲骨と肋骨を骨折。しかし、脅威の回復力を見せ、12月の全日本では急仕上げながらも決勝に乗り超人ぶりを発揮。完全に巻き返しモードに入った小嶋が、調子の上積みを経て今節はV獲りを狙う。また、昨年達成できなかった年間70勝の記録にも再チャレンジする。

 関東勢は兵藤一也、手島慶介らのグランプリ07組を中心に、神山雄一郎、武田豊樹、平原康多らで一枚岩となって北日本打破を狙う。兵藤は07年、3月ダービーでの準Vをはじめ、一年間を通して安定した差し脚を維持した。年が改まっても変わりはないだろうし、武田や平原の機動型と連係できるここはVチャンスは十分ある。手島は07年は落車が多く、一年を通して体は決して万全な状態ではなかったにも関わらず鉄人ぶりを発揮し、賞金ランク9位でグランプリ07に出場を決めた。今回は武田や平原との連係が予想されるが、自力まくりから番手戦まで縦と横の両方をこなせるのが手島の強み。たとえ目標が不発となっても自分の脚で難局を打破し、ゴール前で勢い良く突っ込んでくるだろう。


第49回 競輪祭展望写真 第49回 競輪祭写真 第49回 競輪祭写真




注目選手Pick up!

山田 敦也
[北海道・88期・S1]
9月のオールスターでGI初出場を果たすなど、07年の一年で大きく成長を遂げた。12月の全日本ではGI初勝利を味わうなど、大舞台でも戦えることを証明した。

中川 誠一郎
[熊本・85期・S1]
一時は淡白な競走が目立ち点数も落としたが、07年後半で調子を戻した。12月の全日本では二次予選で敗退も、気持ちを立て直して2連対。スピードは完全に戻っている。

矢口 啓一郎
[群馬・86期・S1]
10月の伊東SでS級初優勝を遂げると流れに乗った。ダッシュは変わらず良く、課題の末の粘りも出てきている。

稲垣 裕之
[京都・86期・S1]
07年は11月のふるさと松坂を優勝して実績を積んだ。最近はまくりも打つようになった分、競走に幅がでてきた。大敗が少なく、安定した走りを続けている。

富永 益生
[愛知・66期・S1]
最近は自力まくりを出すなど、重賞戦線で大暴れしている。負け戦でもしっかりと走っており勝率はきわめて高い。そろそろ普段の苦しい練習が実を結ぶ時期か。



 KEIRIN EXPRESS
Copyright(c) 2007 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで