京都向日町競輪 第20回【共同通信社杯】
レース展望/注目選手 バンク特徴 出場選手データ ファンサービス 場外発売/テレビ中継 検車場レポート 出走表/競走結果
京都向日町競輪場
検車場レポート

■ 10月4日(前検日) ■ 10月5日(初 日) ■ 10月6日(二日目) ■ 10月7日(三日目)

検車場レポートムービー
動画を再生(単位:bps)
アクセス集中時等によりご覧いただけない場合はご了承ください。
ライブ中継・ダイジェスト映像は無料です。
お客様の回線やパソコン等の環境により視聴しにくい場合があります。ご了承ください。
ご覧になるにはWindowsMediaPlayerパージョン7以降のインストールが必要です。
※インストールされていない場合は右のロゴをクリックしダウンロードしてください。Windows Media Player
武田 豊樹選手
(茨城・88期)
56k | 256k
伏見 俊昭選手
(福島・75期)
56k | 256k

村上 義弘 選手

荒井 崇博 選手

武田 豊樹 選手

佐藤 慎太郎 選手

金山 栄治 選手

 村上ブラザーズ(義弘・博幸)美しき初タッグ!! 第20回共同通信社杯は、大会2日目。メイン『京の雅賞』の優秀戦は賞金稼ぎに燃える荒井崇博が制したが、村上兄弟の気迫の競走に加え、二次予選でも準決勝の切符を巡り白熱した戦いが行われた。


まずは、メイン12Rから。村上義弘が弟・博幸を連れて、力を出し切り“魅せる”レースを展開。北勢をまくり上げるのに脚を使いきり、最後は荒井崇博のまくりには屈したものの、ファンからは甲高い声援が飛び交った。
「早くから(小橋秀幸と)先行争いするのをお客さんが望んでるとは思わなかったから…。自分もそれなりに勝ち負けできる様に仕掛けたつもり。結構、小橋君もかかっていたし、一瞬行けないとも思ったけど…気合です。松本(整)さんや内林(久徳)さんがいた時は自分を高めながらレースできていたが、最近、集中力を欠いて…。久々に弟が後ろを走る事で重いのを背負ってる感じが蘇ってきて。もう一踏み、踏み直しできる脚があれば良いんだけどね。博幸もこれからはもっと責任感を感じて競走していってくれると思う。俺も(年齢的に)地元で最後のビッグ開催だと思うので、悔いの残らない競走を」と、更にテンションを高めていく。
 村上博幸は「兄ではなく、村上義弘という一人の一流選手の後ろを走った感じ。凄く刺激があったし、収穫もありましたね。仕事して、更に勝つというのはホント難しいけど…。前が先行してくれる以上はしっかりと」と、気を引き締め直す。
 荒井崇博は「地元の邪魔はしたくなかったけど…、展開向いたから」と、控えめに一言。
 岡部芳幸は「勝ち上がりに関係ないから、番手まくりすれば良かったの? いやー、俺の考えは逆。勝ち上がれるからこそ、色々と仕事をやって試したいんだよ」と、意外にもオッズとは反したコメントを残した。 
 有坂直樹は「HSから1センターにかけては凄く小橋はかかっていたけど、BSは向かい風がきつく垂れてきてたんでね。岡部も一回振った後、戻らずに行けばよかったかもね…。俺の脚は戦える状態。全く問題ないし、準決勝は山崎ー佐藤慎の三番手?なら鉄壁ですよ」と、ニヤリ。


 二次予選Aは、まず9Rを。武田豊樹が、快スピードで圧勝。前受けから、迷わず引ききってHSから発進。あっという間に前団を飲み込み、貫禄を見せ付けた。だが、手島慶介は最後までつけきれず4着に。手島慶介は悔しそうに「武田さんが強過ぎたのもあるけど、俺も調子が悪い。もっと晴智さん(肘を)を引っ掛けながら行ければ良かったけど…」と、肩を落とす。
 内併走堪えて2着に食い込んだ渡辺晴智は「前から二個目の位置を取ってくれとだけ、萩原君に頼まれたんで。後は、彼の頑張りにつきます。セッティングに関して言えば悩んでる部分もあるけど…、脚は悪くないし、同県の目標をつけて貰えるのは大きいですよね」。準決勝も気心知れた新田と一緒で満足気。


 10Rでは、北の黄金タッグ佐藤友和ー佐藤慎太郎でワンツー。佐藤友和は昨日とガラリと表情を変え「初日はイマイチだったのに、吹き飛びましたね。調子、悪くないですよ!同期の武田さんとかって意識しないで、普通に戦えれば大丈夫でしょう」と手応えをつかんだ様子。
 佐藤慎太郎は「何度もバック踏んだので2着が一杯。体調的にもまだまだ山崎芳、佐藤友を差すまでにはないが、練習量を増やし臨んでるだけあって、徐々に上がっているし焦りも全くなし。とにかく追い込みとして仕事に専念します」。
 まくり不発の佐々木則幸は「64のギアに疲れがでてきたかな…。取手で4日間(64で)初めて乗って、今回引き続き。今はこのギアじゃないと、上では戦えないと思うので、疲れの残らない調整方法を考えないとな…」と、トーンダウン。


 11Rは、人気通りに北が上位独占。大ギアを駆使した山崎芳仁が山おろし気味に踏み込むと、合せて新田が飛び付く構えを見せたが、一瞬踏み遅れ。結果、三番手の斉藤登志信と併走。番手を楽々と回った伏見俊昭が寸前、山崎を捕らえ、斉藤も外を堪えきった。
 山崎芳仁は「思い描いた通りに踏めてるいるし、良い感じ」と好調を強調。
 新田康仁は悲痛な表情で「失敗。番手戦しか頭にないのに、あまりにも自分の車の出が良くて、合わせきっちゃいそうになり…で、一瞬、踏みやめたんですよね。悔しいな」と、デキには全く問題ないようだ。


  前半戦からは、二次予選Bの7Rを。金山栄治が人気薄ながら別線完封。初周から位置取りで牽制長引いたが、後攻めに拘った金山が、打鐘4角から一気に逃げて、ライン独占。「重注はついてしまったけど、近畿地区で力出し切り、しかも後ろも連れ込めたのは嬉しい。バンクは先行有利といえ、33みたいに早くから機動型同士でやりあえば負けちゃうし…組み合わせにつきますけどね。地元に任された以上は、やるべき事をしっかりと」と、村上(博幸)にとって頼もしい言葉を。


 KEIRIN EXPRESS
Copyright(c) 2007 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで