京都向日町競輪 第20回【共同通信社杯】
レース展望/注目選手 バンク特徴 出場選手データ ファンサービス 場外発売/テレビ中継 検車場レポート 出走表/競走結果
京都向日町競輪場
検車場レポート

■ 10月4日(前検日) ■ 10月5日(初 日) ■ 10月6日(二日目) ■ 10月7日(三日目)

検車場レポートムービー
動画を再生(単位:bps)
アクセス集中時等によりご覧いただけない場合はご了承ください。
ライブ中継・ダイジェスト映像は無料です。
お客様の回線やパソコン等の環境により視聴しにくい場合があります。ご了承ください。
ご覧になるにはWindowsMediaPlayerパージョン7以降のインストールが必要です。
※インストールされていない場合は右のロゴをクリックしダウンロードしてください。Windows Media Player
沢田 義和選手
(兵庫・69期)
56k | 256k
荒井 崇博選手
(佐賀・82期)
56k | 256k

村上 博幸 選手

有坂 直樹 選手

村上 義弘 選手

加藤 慎平 選手

永井 清史 選手

 村上兄弟(義弘・博幸)好スタート。第20回共同通信社杯は、大会初日。地元の声援に応えた村上兄弟の健闘は勿論、2個の優秀戦をメインに『京の雅賞』への進出をかけて、荒井崇博、永井清史らが迫力満点のレースを見せ付けた。



 11Rでは、村上博幸が荒井崇博の捲りを8分の1輪差で仕留め幸先良く1勝。山崎芳仁、武田豊樹が同期ライバル心を燃やし、叩き合いに。結果、捲り頃展開を荒井ー村上で活かしきった。
 村上博幸は「ケガ明けで、気持ち的に凄くプレッシャーがあったけど。前を信頼していてよかった。状態は問題ない」と力強くコメント。
 荒井崇博は「山崎も武田さんもギアが倍数かかってるから踏み合ったとはいえ、捲るのはしんどかった。垂れるの期待して一か八か行ったけど。それにしても山崎って相当強い。垂れるどころか、踏み直しが凄いよ。ただ、俺はギア上げると負担大きいし、人真似も好きじゃないから、今のままで行きますけど」。
 有言実行で、賞金稼ぎ(GPの権利獲得のため)にまっしぐら。
 三着に食い込んだ有坂直樹は「ASが不甲斐なく、その後しっかり練習してきて良かった。佐藤(慎太郎)も山崎を庇わず、番手捲りぐらいのつもりで行けば、荒井に飛付けたのにね…」。
 山崎を叩けず終わった武田豊樹は「相手のラインは4車。1車の違いが大きかった。でも、まだ終わった訳じゃない。勝負は2次予選だから」と、自ら仕切り直し。


 12Rでは、村上義弘が捌いて、捲ってと策を出しきり、“自在屋”を印象づけた。ゴール寸前で加藤慎平に交わされたものの、調整には成功した模様。
 「ここに参加する迄は精一杯走ろうぐらいだったのに…、弟の1着を目にしたら、(自分が)こけるか、(相手を)こかすかの覚悟でも勝たなきゃと言う気に。まだ自力は捨てないし、中途半端な戦法の弟には前を任せられない。相手が二段駆けなら、俺も二段駆け位の気持ち」と目をギラギラと光らせた。
 加藤慎平は「瞬時の判断にせよ、内コースを踏んで素直に喜べない。外を踏めないっていうのが、俺の今の体調を示しているんでしょう。全て仕事を村上さんにやって貰いましたからね…」と、追い込み屋として課題を残した様子。
 同じく北勢も反省の弁ばかり。佐藤友和は「調子が悪いので、実戦で動いて治して行こうと思ったけど…。結局、1周も踏んでない。しかも、打鐘でもっと内を締めて駆け出すべきだった。そしたら、外競りの伏見さんを有利にして、しっかり連れて行けた筈なのに」。
 伏見俊昭も「競りは覚悟してたけど、踏み出しで一瞬口空いてしまい…。甘いですよね」。
 

 特選からは、10Rを。
永井清史が強烈なダッシュを披露し、一旦は後続を千切った。だが、バンク全体に舞う強風を凌ぎ切れずに、猛追する青森伸也に乗る小橋秀幸に屈して二着に。
 永井清史は「自分で(後方に置かれ)最悪の展開にしちゃいましたね。でも、出切れたんで、引き続き感じは悪くない。取手記念で毎日71のギアを踏んでいたら、決勝は疲れが酷くて。4日間、乗りこなすのは無理と悟り、今回は初日だけ下げる事に。成績が上がったのもそのギアだし、2日目はもっと良い競走ができますよ」。
 小橋秀幸は「展開向いたし、脚に余裕もあった。青森さんはダッシュ良いので離れないことだけ考えていたけど、大ギアもしっくりきてるし、戦える状態」と手応えを感じた様だ。
 青森伸也は「永井さんを出させるつもりなんてないし、目一杯踏んでますよ。辛かった…」と息を切らしながらも、格上相手に好走し、近況の不調を一掃した。 


 予選では、中四国勢の健闘が目立った。その中でも、まず5Rを。
 ベテランの三宅伸が若手に負けず奮闘。
 「山田(裕仁)さんが勝って、豊田(知之)さんが勝って、名前ある人ばかり勝ちあがっていて。俺でストップするかなと弱気にもなったけど…捲りなんて通用しないし、前々を心掛けた。競りで佐々木(龍也)さんに敵う筈ないと思いながらも、汚いけど不意打ちで、内からしゃくって(番手を)やる気でした、。が、丁度、後ろ(松坂英司)が遅れてきたからね。若い子(井上剛)が別でやる気を見せてくれたのも好材料に。則(佐々木則之)も調子良いし、中四国がみんな良い感じで頑張ってるからね。でも、九州地区に目標として獲られるかな? 俺は軽い感じで適当に走れみたいな番組が多いから、これからは色々やるよ。慣れない番手だってやるんだから。え? 明日は(渡部)哲男なら、もう 信頼して。何度も連係してるし、大丈夫」と、好目標に最後は笑顔。


 7Rでは、佐々木則之が好調維持で存在感を存分に発揮。「(九州の)切り替えは想定していたけど…。4車なら本村(隆文)君が叩いた所をHSからカマすつもりでした。三連単でも凄い人気だったし。HSで成田(健児)さんの内に差し込み、バックいれたのは失敗。結局、自分で辛い位置(二コーナー)からの踏み込みになってしまったが、捲りの効かないバンクで勝てたのは嬉しい。脚自体、ホントに良いので、巧くやれば(優勝)獲れる状態」と自信を見せる。


 KEIRIN EXPRESS
Copyright(c) 2007 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで