九州勢が総合的な戦力で優っている。ラインの主軸を担うのは利根正明だ。今期は2戦目の7月富山で落車負傷。長期欠場を余儀なくされたが、10月別府で復帰してからは鋭いまくりを武器にコンスタントにV争いを演じている。今シリーズは良永浩一、吉良勝信の地元勢を連れてラインで上位独占を目指す。地元両者は調子、戦歴ともに安定している。流れさえ向けば勝てる状態だ。荒削りな面も見られる瀬戸栄作が勝ち上がれば、九州で決まる確率はさらに高まる。

 大谷靖茂は今期4度のV実績がある。10月別府モーニングの決勝は佐々木豪や原田礼を相手に逃げ切っている。援護は手薄になりそうだが、底力発揮なら九州勢にとっては最大の脅威だろう。

 復調した井上公利も仕掛けのタイミングが的確なら怖い。宮城同士の小松剛之がガード役だ。

 点数最上位の桶谷明誉は10月玉野の決勝で落車負傷。それから欠場しているが、復帰してくるようなら軽視できない。

山本 恵介 [福 島・100期・A1]

 10月平は長期欠場から復帰して初の決勝進出。その後も連対が増え、本来の力が戻ってきた。タテヨコ厳しい攻めに注目だ。

野見 泰要 [岡 山・101期・A2]

 11月防府の予選は赤板で主導権を握り、そのまま末良く逃げ切った。3連単で15万円を超える高配当を演出。今回も大駆けに期待したい。