【実力拮抗で混戦】

 ガールズは上位陣の実力が拮抗して互角の優勝争いになりそうだが、まずは中川諒子、田中まい、林真奈美の3人が優勝争いの中心か。中川は今年初戦の玉野で落車。大きな影響はなかったようだが、その後は決勝で大きな着が目立っていた。ただ3月武雄、4月豊橋はオール確定板とここへ来て安定感が戻ってきた。ダッシュを生かした走りで優勝争いをリードする。
 
 田中は昨年後半だけで3Vを挙げた。今年に入ってからは優勝こそないが、コンスタントに優出するなど状態自体は悪くなさそうだ。今シリーズはチャンスのあるメンバー構成。前々に攻めのレースで優勝を狙う。
 
 林は3月広島の落車から4月久留米で復帰した。ここまでにどれだけ本調子に戻せているかだが、競走得点ではメンバー最上位の存在。昨年7月のデビュー戦を含め過去6走で着外一度と相性のいい小倉で躍動する。
 
 山本奈知、高橋梨香も争覇級の実力者。ともにまくり兼備の組み立てで安定感のある走りを見せている。
 

【自力型充実の近畿勢】

 優勝候補筆頭の野村典嗣が4月高知で1、2班に特別昇班したため、石貞有基、柳原司の近畿コンビが一躍優勝争いの中心に躍り出た。石貞は1月武雄、2月高松を無傷で連覇したが、続く松山の初日に6着で特別昇班に失敗。これでやや勢いに水をさされたところはあるが、3月佐世保から3連続優出と今回のメンバーでは機動力最上位の存在だ。柳原は優勝こそないが、チャレンジ戦ではコンスタントに優出している。勝ち上がって石貞の番手回りになるようなら優勝のチャンス。スジの目標が豊富な長澤道雄、森村優だがやや元気がない。むしろ中近でラインが組めそうな高井広明が石貞や柳原との連係で上位進出してきそうだ。
 
 対する九州勢は茅野寛史が復調気配なのが頼もしい。昨年5月当所で落車して4カ月近く欠場。9月佐世保で復帰してからも苦戦が続いたが、1月玉野の優勝で一気に息を吹き返した。瓦田勝也もレース堅実。地の利を生かして優勝争いに加わりたい。
 
 東日本勢では野口修平が年末の連続落車から復調一途。自力自在に、ここ5場所で4度の優出を決めている。勝ち味に遅い石井孝だが、しぶとい走りで安定している。ここも野口とタッグを組んで上位進出を狙う。。
 
 

小坂 知子 [岐 阜・104期・A2]

 年末から成績を落としていたが、2月当所戦の優出で再び流れを取り戻した。ダッシュを生かした前々勝負で当所連続優出を狙う。

齋藤 和也 [福 島・78期・A3]

 乗り切れない成績ではあるが、成績ほど動きは悪くない。自力のレースにも意欲的で、無風のドームで穴をあけるか。