HOME >> 2014年記念後記一覧 >> 松戸競輪開設64周年記念「燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦」

松戸競輪開設64周年記念「燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦」

番手絶好から稲垣裕V

メイン写真

川村晃司選手との京都連係が実り、稲垣裕之選手が自粛から復帰後初の記念V。スタンドのファンへ向けガッツポーズ。

決勝戦の赤競.NETを表示する

近畿4車は京都勢と大阪勢の別線勝負になったが、赤板では結果4車が並ぶ形に。川村晃司が徐々にペースを上げていき、別線は仕掛けられず、番手の稲垣裕之には絶好の展開になった。最後は南修二とのゴール前勝負を制し、自粛から復帰後初の記念優勝を飾った。

「すごく川村さんが落ち着いて仕掛けてくれたので、僕は何もしていないです。(川村の)カカリはすごかったですね。もうちょっと自分に技量があればワンツー決められたと思うんですけど。南君の動きは見えてなかったですね。その辺は勉強になりました。これまでは自力での優勝だったんで、川村さんの後ろに付けて、人の後ろに付けての優勝は特別です」

今年は3ヶ月の自粛欠場もあり、多くのことがあった1年だった。

「いろいろあったんですけど、それがまた一つ強くなりました。競輪は精神との戦いですね。今回は初日、準優とメーンに組んでくれて責任感もありました。今持てる力は出し切れたと思います。競輪祭で負けてG1への気持ちが強まりました」。稲垣の視界の先は、まだ取ってないG1タイトルへ向けられていた。

南修二はあと一歩及ばず、惜しくも2着に。

「(京都勢と並ぶ形になったが)別線なんでたまたまです。最後の直線はあのコースしか1着を取るにはなかったんで。外からは(稲川)翔も来ると思ったんで。最後は抜けた感触はなかったですね。(4日間)出来は良かったと思います。(次走の)平へ切り替えていきます」

川村晃司はワンツーはならなかったが、レースを支配し、3着に納得した表情を見せる。

「駆けやすい展開にはなりました。ホームが向かい風でキツかったですね。稲垣さんがいるからみんな仕掛けるに仕掛けられなかったんじゃないですかね。ワンツーだったら良かったんですけど、力は出し切れたし、納得はできました」

10月千葉記念で負った鎖骨骨折からの復帰戦。グランプリを見据え急ピッチで仕上げている稲川翔は4着に終わった。

「別線になったんで割り切っていこうと。結果的にあの位置にはなったんですけど。今回は近畿、別線にはなったんですけど、それが層の厚さを証明できたと思います。(状態は)まだ全然です。いつまでも怪我のせいにしてては情けないんで。今までで一番長い4日間だった」

小埜正義、鈴木誠の地元勢は無念さをにじませた。小埜は、「ちょっと力不足ですね。せっかく地元だったんですけど。今日はいつも通りと決めてたんですけど、レースをさせてもらえませんでした。今度は自力で記念取れるように頑張ります」。鈴木誠も「展開が早くて小埜が5番手だったんで、3番手に入れればとは思ったけど…。小埜は頑張ってくれた。地元勢がもっと(決勝に)乗ってくれてれば」と、悔しそうだった。

一発勝負を狙った志村太賀だったが…。

「自分としては緩んだらカマすつもりもあった。(作戦は)全部考えて。今回は良くやった方。良い経験になったと思います」

菅田壱道も一発を狙ったもが8着に終わった。

「稲川が斬りに行ったときに自分も付いて行くか、その前に自分が前に行くべきだった。内が空いてたのもあったし、打鐘前で思い切り行けるタイミングがあったのに。チャンスを生かせなかった」

号砲でゆっくりと出た稲垣裕之を南修二が交わして誘導員の後位に。南が稲川翔を迎え入れ、大阪コンビが前受け、単騎の志村太賀が続き、中団に川村晃司-稲垣の京都コンビ、小埜正義-鈴木誠の地元コンビ、菅田壱道-大槻寛徳の宮城コンビが後攻めの形で隊列は落ち着く。
残り3周の青板から菅田が上昇を始める。これを追った小埜が今度は菅田を交わして誘導員の後位に収まるが、さらに稲川が斬って赤板で先頭に立つ。そこを川村が叩いて主導権を奪う。近畿4車で並ぶ形に。川村は徐々に踏み上げてペースアップ。別線の機動型の仕掛けはなく、稲垣に絶好の流れ。車間を空けて川村を好ガードした稲垣が番手から鋭く追い込んで優勝を飾った。3番手をキープした稲川は動けず、その内を突いた南が直線で京都コンビの中を割って2着に突っ込んだ。逃げた川村は直線で末を欠いて3着。

  • ゴール写真
  • 表彰写真