HOME >> 2014年記念後記一覧 >> 岸和田競輪開設65周年記念「岸和田キング争覇戦」

岸和田競輪開設65周年記念「岸和田キング争覇戦」

村上義が3番手から直線一気

メイン写真

ライン3番手からの追い込み勝負で優勝を飾った村上義弘選手。ゴール後はガッツポーズでファンの声援に応えた。

決勝戦の赤競.NETを表示する

川村晃司が最終ホーム前から主導権を握って完全に京都勢のペース。別線の出る幕はなかった。直線は兄弟のマッチレース。ライン3番手から追い込んだ村上義弘に軍配が上がった。
「うれしいんですけど複雑ですね。風がすごい吹いていたので、前はきつかったと思う。どの位置を回っても、自分に賭けてくれているファンのために、ゴールは全力で踏もうと思ってました。完全優勝できたので、精神的にいいイメージを持ってグランプリに臨めますね」
これで年末の大一番へ最高の弾みがついた。舞台は今回と同じ岸和田競輪場。初めて首都圏以外で開催されるグランプリだ。
「ここまでに基礎的な練習はもうできている。気持ちを盛り上げるためにも、できれば合宿に行きたいと思っています。グランプリが関西で行われるなんて夢にも思わなかった。しっかり準備して最高のパフォーマンスを見せたい」
近畿のエースとして主役の座は譲れない。2度目のグランプリ制覇へ全身全霊をかけて挑む。

村上博幸は番手絶好展開から懸命に追い込んだが、兄には敵わなかった。
「プレッシャーはかなり感じました。狙われる位置なので、気合は入っていました。風も強かったし、すんなりの展開になって脚力差が出た感じですね。あそこから踏み込んで抜かれたので力不足です」

川村晃司は力強い先行策でラインを上位独占に導いた。
「得意パターンに持ち込めたし、力は出し切れました。ホームで風が強くて、あそこでだいぶ脚を使いましたね。ラインで決まったのは良かったです」

京都勢と割り切って別線勝負を選択した地元コンビ。南修二は総力戦で持てる力を出し切った。
「(作戦は)何も考えていなかった。でも、あのまま京都の後ろに付いていたら4番手を固めているのと同じ。いけるところまでと思って踏んだけど、進まなかった。これが現状の脚力でしょう」

4番手を確保した木暮安由は直線勝負にかけたが、1車も交わせなかった。
「斬って4番手に飛び付いて、そこからと思ってました。風が強くて、いっぱいでした。しょうがないですね」

打鐘前に斬った単騎の松岡孔明は京都勢に叩かれて万事休す。
「脚を溜めていきたかったんですけどね。流れで1回斬るしかなかった。そこから飛び付こうと思ったけど、スピードが違いました」

 

号砲と同時に村上義弘、村上博幸でスタート争い。村上義が正攻法を確保すると、川村晃司―村上博―村上義の京都トリオが前受け。4番手以下は南修二―前田拓也―木暮安由―志村太賀―松岡孔明―明田春喜の並びで周回を重ねる。
赤板前の2センターから、まず木暮がレースを動かす。突っ張る素振りを見せる川村を押さえて、ホームから誘導員を下ろすと一度ペースをスローに。さらに2コーナーから単騎で前に出た松岡もペースを上げない。7番手に下げていた川村は打鐘に合わせて一気の仕掛け。ホームで京都3車がきれいに出切ると、4番手には木暮が。真後ろからの京都勢の仕掛けに対応が遅れた南だが、志村をキメて5番手を確保する。木暮は直線勝負を選択し、先まくりを打った南も不発に終わる。番手絶好は村上博、しかし3番手から迷わず外を踏んだ村上義が直線勝負を制して完全優勝。京都勢で上位を独占した。

  • ゴール写真
  • 表彰写真