HOME >> 2014年記念後記一覧 >> 「周防国府杯争奪戦」

「周防国府杯争奪戦」

岩津裕介が今年3度目の記念V

メイン写真

強敵がそろうなか絶妙なコース取りで優勝をさらった岩津裕介選手。これで念願のグランプリへさらに一歩近づく。

決勝戦の赤競.NETを表示する

まさかの展開に周囲は度肝を抜かされたが、本人は至って冷静沈着で引き揚げてきても飄々としたもの。各車が力勝負をして外を踏むと、空いた一瞬を職人・岩津裕介は見逃さなかった。反射的にコースに突っ込むと、絶妙なコース取りで優勝をさらった。
「中川さんもそうだけど、浅井君も位置取りは上手いから、今日は後方からどう巻き返していくかと思ってました。浅井君が中川さんに合わされた形になって、併走になって僕の所を狙ってきた感じだったんで、(けん制で)上がって戻ってきたその勢いで内に行った感じでした。桑原さんが3番手を固めてくれたのでコースができたし、流れが向いたものありましたね」
この優勝で賞金ランクは6位にアップ。念願のグランプリ出場に向け、また一歩近づいた。
「新田(祐大)君を抜けたのは大きいですね。でも、勝負は競輪祭なんで。今回は正直、体調があまり良くなかったので修正して。競輪祭でしっかり決められるように合わせていきたい」

 

準決勝と同様に、最悪の9番手に置かれた野田源一だったが、岩津に続く形から2着に入る。
「決勝は外を踏みたかったけど、自分でそういうを作れなかった。9番手になってしまったから、どうなるかと思ったけど。2着は残念だけど、あの展開からだから仕方ないでしょう」

 

中川誠一郎は一瞬優勝が見えたが、最短コースの岩津に敗れ3着に。
「脇本君は気合が入ってるだろうから、僕が上手く斬れば(脇本が)行ってくれると思った。ホームで一瞬詰まったけど、見てしまったんで行けなかった。いつものタイミングで行くべきでした。最後、踏み合いになって村上さんと勝負と思ったけど、内のコースはさすがですね。でも、これで(ダービー初日特選の)希望を残したと思うんで、次また頑張ります」

 

村上義弘は決勝は連係が決まらず。
「脇本君はすんなりの先行だったし、浅井君が来たのが見えたけど止まったんで4コーナー勝負と思ったけど。そうしたらすぐに中川君が来て、態勢が整う前に行かれてしまいました」

 

浅井康太は早めの巻き返しを試みたが、中川に合わされ万事休す。
「脇本君は早めにいくだろうけど、僕も力勝負がしたかったので。金子さんの(グランプリの)賞金のこともあるし。でも、次につながるレースはできたと思うんで、あとはあの上を行く力を付けて頑張るだけです」
前を託した*金子貴志は「前が頑張ってくれたけど」と致し方なし。「凄いスピードで行かれてしまったんで。(グランプリに向けて)まだ高松記念があるんでそこで頑張ります」。

 

脇本雄太は力の限り逃げたが、最後は失速してシンガリ負け。
「中川さんは慌てて斬ってくれるかと思ったけど。4コーナーでケツを上げたんでヤバいと思った。出てからも浅井さんのロケット(カマシ)が怖かったんで流せなかった。ことごとくタイミングを潰されましたね」

号砲が鳴ると中部コンビがゆっくりと誘導を追いかけ、浅井康太—金子貴志で前受け。以下の隊列は単騎の野田源一、中川誠一郎—岩津裕介—桑原大志、脇本雄太—村上義弘—福田知也で周回を重ねる。
青板を通過し4番手の中川が2コーナーから動き出す。中川が早めに誘導を降ろすと、その上を脇本が押さえて赤板。先行態勢の脇本に村上—福田、中川ラインが中団を確保し浅井—金子。野田が最後方の一本棒で打鐘。
そのまま脇本の主導権で最終回。7番手の浅井がホームで巻き返すが、中川も合わせて出る。合わされた浅井は、岩津のけん制で不発。村上は逃げる脇本との車間を詰めながら、中川に合わせてバックから番手発進。岩津は中川に付いて行かず3コーナーから内を進出する。中川に応戦した村上—福田が空けたインを岩津が、好スピードですくって直線の入り口で先頭。後方に置かれていた野田は、桑原の内を突いて岩津に続く。俊敏なコース取りで鮮やかに抜け出した岩津が優勝。2着に野田。中川が村上に踏み勝ち3着。

  • ゴール写真
  • 表彰写真