HOME >> 2014年記念後記一覧 >> 青森競輪開設64周年みちのく記念「善知鳥杯争奪戦」

青森競輪開設64周年みちのく記念「善知鳥杯争奪戦」

新田祐が追い込みで記念V

メイン写真

通算4度目の記念Vも、地元の北日本地区では初めて記念優勝を飾った新田祐大選手。ファンに握手で応える。

決勝戦の赤競.NETを表示する

武田豊樹が巻き返す高橋陽介を突っ張り主導権。新田祐大にとっては思惑の外れた流れではあっても、狙いすました武田ラインの3番手奪取で絶好のポジションが転がり込んだ。
「3分戦だったし、想定しやすい流れは全部考えた。僕は武田さんの3番手を狙ってました。それで(高橋)陽介さんたちが出切って、武田さんが中団を取ってまくってしまうと思っていた。それなら1車でも前と思っていた。そしたら武田さんが突っ張ったんで」
別線が脚力を消耗する中で静かに力を温存。輪界屈指の爆発力を秘めるスーパーダッシュ。新田はエンジンの点火をギリギリまで待った。
「神山(雄一郎)さんも最終バックのところで、あれ僕が(まくりに)来ないなって感じだった。神山さんがもうヨコに振るよりも、前に踏まないとっていうところ。それを計算に入れて、あの位置から踏みました」
神山にブロックをされない位置を割り出して、最終3コーナー過ぎからの発進。3番手ならそこからでも突き抜けられる、自信あらわれでもあったのだろう。
「後ろに下がってのまくり追い込みで勝負するより、1車でも前にっていう作戦を組んだ。見ているお客さんには走りで応えたいっていうのがあるし。今日も走っている中ですごく気合が入っていた」
通算4度目の記念Vは、松山記念、共同通信社杯に次ぐ今年3度目の優勝。2年連続のグランプリ出場に向けて、地元地区の記念で賞金を上積みした。
「これからの一戦、一戦。一日、一日も大切ですし、決勝はとくに。その結果が年末のグランプリにつながってくると思う」
前回のオールスター決勝での悔しさをバネに、今シリーズは4日間を通して進化した立ち回りを見せた新田。年末のグランプリへ大きな前進となろう。

「俺もチャンスだと思ったけど、それ以上に新田もチャンスだと思ってたんじゃない(笑)」とは、逃げた武田の番手から2着に敗れた神山雄一郎。真後ろにいる新田の動向を2度、3度と確認しながら追い込むも、最後は新田のスピードに屈した。
「新田は完全に狙っている感じだった。まだ、新田が脚力を使ってあの位置だったら面白かったけど…、すんなりじゃ。武田が頑張ってくれたから、なんとか応えたかったけど新田が強かった」

高橋が突っ張られると内藤宣彦が最終ホームで中団を確保して、佐藤友和を迎え入れる。5番手の内藤は内よりに進路を取ってしぶとく3着。
「ホンネを言えば新田に付いていきたかったけど、(佐藤)友和もいたんで。そこからは前で決まったかなっていうのもあったし、新田も友和も外を踏んでいた。俺は脚がないから内しか。神山さん目がけて踏んだ」

突っ張り先行でレースを支配した武田豊樹は、ゴール手前の数メートルで失速。4着に沈んだ。
「考えずに流れに応じて先行っていう形だったけど、苦しかった。僕はやることをやったんで。なんとか確定板(3着以内)は欲しかったけど、内藤さんにやられた」

和田圭が新田との連結を外して、最終2コーナー手前で新田の後ろに入った佐藤友和。新田の外を踏んでの5着に、悔しがることしきり。
「1着のコースがあったのに…。内藤さんのコースを自分が行かないと。どうしても新田の後ろっていうのがあって。昨日(準決)差せてないんだから、内に行くっていう判断をしないと」

 

すんなり新田祐大が前を取って、周回は新田―和田圭―高橋陽介―佐藤友和―内藤宣彦―武田豊樹―神山雄一郎―阿部大樹―海野敦男の並び。
青板の3コーナーから武田が上昇を開始。まずは3番手の高橋にフタをすると、1センターで新田の外まで車を上げる。武田は打鐘前から誘導員を下ろして先行態勢に。単独になった高橋もすかさず叩きに行くが、武田は高橋を出させない。下げかけた新田だが外に高橋が見えたからか作戦を変更。3コーナーから阿部を飛ばして関東ラインの3番手を奪う。高橋が合わされたと見るや佐藤は神山の後ろを狙ったが新田と位置がかぶり、先に新田後位に入っていた内藤が佐藤を4番手に迎え入れる。新田が2センターから踏み込むと神山がこれをけん制。4コーナーからは合わせて番手から踏み込むが、外を伸びた新田が神山、武田を鋭くとらえる。3着には佐藤後位から中を割った内藤が食い込んだ。

  • ゴール写真
  • 表彰写真