HOME >> 2014年記念後記一覧 >> 向日町競輪開設64周年記念「平安賞」

向日町競輪開設64周年記念「平安賞」

鉄の結束で村上義が復活V

メイン写真

魂の走りが完全復活。ウイニングランで場内の大歓声に応える村上義弘選手。

決勝戦の赤競.NETを表示する

何というドラマだろうか。3ヶ月の自粛期間を経て、迎えた大事な復帰戦。地元記念の決勝という最高のステージで村上義弘が復活の優勝を飾った。
「こうやって頑張れたのはファンの大きな声援があったからです。ファンをガッカリさせたくないという気持ちが強かった。向日町競輪場が日に日に盛り上がっているのが分かったし、期待に応えられて何よりです」
レースは松岡健介が打鐘前から先行して、稲垣裕之が番手まくり。近畿が鉄の結束でモンスター深谷に対抗。村上にお膳立てが整った。
「与えられた位置で自分でできることをしっかりやろうという気持ちだけでした。どんなレースでも良かったんですが、後輩2人の気持ちが伝わってきたし、その気持ちを裏切らないようにと思ってました。深谷君という厚い壁が、これからの自分達のモチベーションを上げてくれる」
ファンの声援を力に変えて、つかんだ優勝。これからも魂の走りで競輪界を盛り上げる。
「本当に目の前の一戦一戦をしっかり頑張っていくだけです。自分達に期待してくれるファンを裏切らないように、全力で戦います」
稲垣裕之は最終2コーナーから番手まくり。持てる力を全て出し切り、村上と地元ワンツーを決めた。
「これが近畿です。それぞれがやることをしっかりやって、ラインで力を合わせて走ることができました。自分が獲るつもりで最後までしっかり踏めたし、村上さんとゴール前勝負ができた。村上さんは強かったし、完敗ですね」
松岡健介は打鐘前からフルパワーの先行。地元を背に大役を見事に務め上げた。
「力勝負をして3人で決められるのが一番いいけど、深谷君相手に厳しいですからね。いいタイミングで仕掛けられたし、積極的なレースをして、タイムもそこそこ出ていたと思う。村上さんが優勝して良かった。9着であんなに声援をもらったのは初めてですよ」
連日、ケタ違いの強さで完全Vに王手をかけた深谷知広だが、決勝は近畿の結束の前に敗れ去った。
「力勝負することしか考えていなかった。まくれなかったので力負けですね。近畿の壁は厚かったです。4日間、踏み切る脚がなかった。また気持ちを入れ直して頑張ります」
近畿勢の後位を確保した石井秀治だが、3着に流れ込むのが精いっぱいだった。
「あの位置を取るのは作戦どおりだったんですけどね。仕掛けるところはなかった。近畿の2段ロケットはすごかったです」

 

ゆっくりとスタートを出た深谷知広に、井上昌己が続いて前団に構える。以下の隊列は石井秀治―成清貴之、松岡健介―稲垣裕之―村上義弘、矢野昌彦―山下渡。
矢野は青板のバックから早めに上昇を始め深谷に併せ込む。赤板手前で深谷はすんなりと下げて、矢野が先頭に立つ。栃茨勢に松岡が続き、6番手に石井。深谷は一本棒の8番手まで引いて態勢を整える。3番手の松岡は1センターから踏み込んで、打鐘手前から主導権を握ってペースを上げる。松岡に稲垣―村上、矢野との中団争い制した石井が4番手。下げた矢野が6番手に収まり、深谷は動けず最終ホームでも8番手。
飛ばして逃げる松岡との車間を空けた稲垣は、詰める勢いで2コーナーから番手まくりを打つ。稲垣を村上がピタリと追走し、地元勢は盤石の態勢。3番手に石井。バックを通過してようやく深谷もまくり上げるが前が遠く、直線へ。
満を持して追い込んだ村上が、ゴール寸前できっちり稲垣をとらえ地元記念制覇。2着に稲垣で、石井が3着。深谷は離された4着。

  • ゴール写真
  • 表彰写真