HOME >> 2014年記念後記一覧 >> 久留米競輪開設65周年記念「第21回中野カップレース」

久留米競輪開設65周年記念「第21回中野カップレース」

坂本亮が地元記念初制覇

メイン写真

地元記念初制覇を飾った坂本亮馬選手。中野浩一氏からトロフィーを受け取り、思わず顔がほころんだ

決勝戦の赤競.NETを表示する

ようやく手にした地元記念の優勝。表彰式から引き揚げてきた坂本亮馬は「よかったぁ。やっと…」。感慨深げな表情を浮かべた。レースはスタートでけん制が入り、浅井康太が2周がかりで誘導員に追いつく。「中近の2段駆けもある気がしたので、(中近勢が前を取った)あそこが勝因」と話すように、スタートを我慢したことが、その後のレースを大きく左右した。
桐山敬太郎が動いたうえを、打鐘で中川誠一郎が叩いて主導権を奪うと、内をすくって4番手を取った松岡健介も不発に。坂本は直線に入ると、迷わず前に踏み込んだ。
「展開は最高でしたね。けっこう早めに踏んだのに誠一郎さんは自分で3着に残ってくれた。久しぶりに緊張したし、抜かれると思いました。今回は正直デキが悪かったのに、みんなが盛り立ててくれて、それに尽きる。みんなのあと押しですね」
直前の調子から「今回は自力を捨てたのがプラス」と話すが、自力をやめたわけじゃない。「今回のことをしっかり肝に銘じて。これで追い込みになるんじゃないんで、しっかり前回るって言えるくらい自力を上げて恩返しがしたい。しっかり引き締めて、また引っ張っていきたい」。怪我など苦しい時期もあったが、再来年には地元G1も控えている。この優勝から坂本の反撃が始まる。

大塚健一郎は3番手の仕事をしっかりこなして2着に入った。
「内から誰か来るのも頭に入ってたし、僕がしっかりしとけばいい話。余裕もありました。亮馬が踏んでから踏もうと思ったけど、やっぱ抜けんですね。数字が実力です。自分がアタマならもっと最高だけど、亮馬が優勝して最高の結果になったと思います」

九州の流れを作ったのは中川誠一郎だ。別線の反撃を寄せ付けず、自らも3着に粘る会心のレースだった。
「大サービスって書いといてください(笑)。大塚さんも3番手を固めてくれてるし、先行の形には持っていこうと思ってた。まくらせないように踏んだんで、最後は末を欠きましたね」

バックで松岡が内に切り込むと、自力に転じた浅井康太だったが前団を飲み込むことはできなかった。
「松岡さんが内に行ったんで、あそこで仕掛けないとって思って。脚を溜めてのまくりならいいけど、内を突いたりしたあとのまくりだったんで、あれじゃ勝てない。松岡さんは頑張ってくれたんですけどね。寛仁親王牌までには仕上げていきます」

松岡健介は中川のスピードに脱帽といった表情。
「スタート後ろの予定が前になってしまった。打鐘で内から桐山のところまで行くつもりが1車しか行けず、そこで一杯になった。(4番手を取って)2コーナーから外を踏んだつもりだったけど、気づいたら内でしたね。誠一郎はすごいかかってました」

桐山敬太郎はホームで松岡にしゃくられたのが痛かった。
「残念ですね。中川さんは打鐘からどんどん踏んで行くと思った。下からだと(中川の仕掛けに)飛びつけないから内は締めてられない。結果、準決勝ぐらいの感じで外を行けばよかったですね」

 

スタートけん制の中から、浅井康太が誘導を追いかける。松岡健介―浅井―有賀高士で前団。以下の隊列は中川誠一郎―坂本亮馬―大塚健一郎、桐山敬太郎―海野敦男に単騎の堤洋。
後方に構えた桐山が、赤板手前から動き始める。桐山の上昇に松岡はすんなりと引いて、桐山が先頭に立ち海野、堤の追走。桐山がペースを落とすと、2コーナーから中川が抑えて出て打鐘主導権。すんなりと九州3車で出切る。桐山―海野は中団だが、堤を内から弾いた松岡が6番手を確保し浅井―有賀。堤は最後方まで後退する。先行態勢の中川が、絶妙なペースを作り出して主導権をキープ。松岡は4コーナーからさらに内を進出、最終回へ。
逃げる中川に坂本―大塚まではそのままだが、4番手を松岡が桐山から奪取して浅井が続く。以降がもつれて、車間が空いた6番手に桐山。最終バック手前からまたも内を突いた松岡だったが、大塚に阻まれ終了。外を浅井が自らまくり上げるが、中川の掛かりが良く浮いて不発。直線へ。
番手絶好の坂本が、逃げる中川をきっちりとらえて地元優勝。坂本に流れ込んだ大塚が、中川を交わし2着。3着に中川で、九州勢が上位独占を果たした。

  • ゴール写真
  • 表彰写真