HOME >> 2014年記念後記一覧 >> 平塚競輪開設64周年記念「湘南ダービー」

平塚競輪開設64周年記念「湘南ダービー」

深谷知が地元勢を粉砕

メイン写真

豪脚を発揮して久々の優勝を飾った深谷知広選手。大観衆の声援に応えて何度もガッツポーズ。

決勝戦の赤競.NETを表示する

5車で結束した南関勢は鉄壁の布陣。輪界ナンバーワンの脚力を誇る深谷知広でも苦戦が予想されたが、終わってみれば完勝だった。異次元のハイパワーで前団をひと飲み。SS班の底力を見せつけた。
「メンバー的に厳しいと思っていたけど気合は入っていました。天田(裕輝)さんが引かなかったので、思い通りの展開になりました。前の決着がつく前にいこうと。昨日は調子が悪くて、つらいレースになったんですが、ちょっと体調が戻って落ち着いて仕掛けられました。(桐山のブロックは)来ると分かっていたので構えていました。優勝は去年の高松以来ですからね。お客さんもすごい声援をくれたし、うれしかったです」
伊東の共同通信社杯から中2日で迎えたシリーズ。連戦の疲労は色濃く残っていたが、気力で4日間を戦い抜いた。選手会脱会騒動でトップ選手の多くが今月から自粛欠場に入っている。それだけに深谷にかかる期待と重圧は計り知れない。
「上位の選手が20人前後いなくなって今回が最初の記念。半年間から1年間いないし、その選手達が戻ってくるまでは自分達がいいレースをして、盛り上げていかないといけない。お客さんの期待に応えられるように、一戦一戦しっかり頑張るだけです」

深谷と即席タッグを組んだ田中誠は離れ気味になりながらも懸命に前を追って2着をキープした。
「踏み出してからグングンと伸びていって離れましたね。自分で自力を出している感じでした。強かったし、ちょっと余裕がなかったです」

地元勢は深谷のパワーに屈した。ライン3番手から伸びた林雄一が3着で確定板に上がった。
「前に任せた結果ですから。自分も粘られてしまって脚を使いましたね。死守して安心したところでいかれてしまった。すんなり回れていれば車間を切ろうと思っていたんですが…。悔しいけどしょうがない」

絶好の番手回りとなった桐山敬太郎だが、チャンスをものにできなかった。
「南関のラインに申しわけない。自分のわがままでこの位置を回らせてもらったのに、このお膳立てで獲れないのは…。結果的にもう少し早く出れば良かったんですけど、(松坂)洋平も2コーナーから伸びていく感じだったので。変に落ち着きすぎてました。難しいですね」

天田裕輝は前受けから地元勢分断を狙ったが、踏み負けて大敗を喫した。
「前を取って、あとは流れで走ろうと思っていました。引けないと思って粘ったんですが、色気を出して3番手を狙ったらタイミングが合わずに踏み遅れてしまいました」

 

永沢剛が号砲と同時に飛び出すと、天田裕輝を迎え入れて前団を形成。以下は深谷知広―田中誠、松坂洋平―桐山敬太郎―林雄一―加藤圭一―望月永悟で周回を重ねる。
青板の2センターからじわりと動き始めた松坂が深谷ラインに併せ込むと、再び赤板2コーナーから仕掛けて打鐘手前で主導権を握る。押さえられた天田は引き切らずに三番手の内で粘り、南関勢分断策に出た。一方、深谷は後方まで車を下げて態勢を整える。
懸命に駆ける松坂だが、後方で脚を溜めていた深谷が2コーナーから一気にまくり上げる。後ろを警戒していた桐山も合わせて番手発進。2センターで深谷に並ばれると、自ら振って止めに行くが、かかった深谷に力負け。そのまま深谷が抜群のスピードで押し切り、S班の意地を見せ付けた。深谷に離れながらも追った田中が2着に入線。天田を競り落とした林は桐山後位から踏み出すが3着まで。

  • ゴール写真
  • 表彰写真