HOME >> 2014年記念後記一覧 >> 武雄競輪開設64周年記念「大楠賞争奪戦」

武雄競輪開設64周年記念「大楠賞争奪戦」

荒井崇が4年ぶり3度目の地元制覇

メイン写真

番手まくりで混戦を断ち切った荒井崇博選手。ゴール後はガッツポーズで地元ファンの声援に応えた。

決勝戦の赤競.NETを表示する

荒井崇博の地元にかける執念が実った。誰が勝ってもおかしくない混戦メンバーとなった決勝戦。地元エースの自覚と金子貴志の心意気が勝利をもたらした。
「今回は周りのおかげですね。初日と準決は(菅原)晃が頑張ってくれたし、優秀戦はダービー王の村上(義弘)さん、決勝はグランプリ王者の金子さんですから。こんなに光栄なことはないですね」
即席タッグを組んだGPチャンプの金子が強引に小松崎大地を叩いて主導権を握る絶好の流れ。バックからこん身の番手まくりで激戦を制した。
「全く予想していない展開だった。金子さんはダッシュがあるので、そこだけ集中していました。これで獲らないと逆に怒られますからね。感謝の気持ちしかない。地元記念の優勝は3回目で今回は特にうれしい。また特別競輪でも戦えるように頑張ります」
ここ数年は低空飛行が続いていた荒井。この優勝をきっかけに、後半戦へ勢いをさらに加速させる。

牛山貴広と即席タッグを組んだ小倉竜二は最終バック9番手となったが、直線で中コースを強襲して2着に入った。
「牛山君はもうワンテンポ早く仕掛けていれば、まくれていたかもしれませんね。落ち着いて最後は踏めました。直線に入ってアタマまでは厳しいと思った」

荒井に続いた合志正臣は3着まで。初日に落車負傷したが、気力で最終日まで乗り切った。
「金子さんはすごいですね。半端じゃないダッシュでした。内を締めて回って、8番(田中晴基)が僕のヨコで止まれば良かったんですけどね。ちょっと気付くのが遅れましたが、当たってスピードは殺せたと思います」

地元に任された金子貴志は男気あふれる先行策でスタンドを沸かせた。
「中途半端にまくりにいっても失敗するし、小松崎(大地)君や田中(晴基)君と力勝負をしようと思ってました。牛山(貴広)君が小松崎君のラインを追わなかったので、仕掛けが少し早くなりましたね。小松崎君がかかり切ると厳しいので、出た時点でそこをめがけて思い切り踏みました」

小松崎大地は金子に叩かれて万事休す。持ち味を発揮できずに敗れた。
「牛山さんが自分達のラインを追ってこなかったのが痛かったですね。それでも突っ張り切らないとダメ。甘かったです」

後方からまくった牛山貴広は不発に終わった。
「金子さんに行く雰囲気があったので、小松崎さんのラインを追わなかった。展開待ちになってしまったけど、チャンスはありましたね。ちょっと見てしまって仕掛けが遅くなったし、重く感じました」

スタートを出た田中晴基に内藤秀久が付けて前団は南関勢。以下の隊列は金子貴志―荒井崇博―合志正臣、牛山貴広―小倉竜二、小松崎大地―伏見俊昭で周回を重ねる。
小松崎は赤板手前から上昇を始めて、2コーナーで田中を押さえて出る。小松崎が先行態勢を取るが、すかさず金子が反撃に出て打鐘。突っ張る小松崎を、金子がスピードの違いで叩いて最終ホームで主導権を奪取。荒井―合志の九州勢が続く。
叩かれた小松崎は後退し、最終ホーム過ぎから田中が踏み上げる。田中がまくりで前団に迫ると、荒井は逃げる金子後位から田中に合わせて番手発進。後方に置かれた牛山もようやく最終バックを過ぎてまくり上げる。荒井が田中を合わせ切るが、田中はしぶとく合志の外にへばりつく。その外を回った牛山のまくりは不発。小倉が内藤後位に切り替え、伏見はインを進出。荒井が先頭で直線へ。
荒井がそのまま後続の追撃を、力強く振り切って地元記念V。田中ともつれながらも合志が荒井に続くが、小倉が中のコースを強襲して2着。3着に合志。

  • ゴール写真
  • 表彰写真