HOME >> 2014年記念後記一覧 >> 松山競輪開設64周年記念「金亀杯争覇戦」

松山競輪開設64周年記念「金亀杯争覇戦」

新田祐がスピードバトルを制す

メイン写真

ファンの声援を力に変え、深谷知広選手の反撃をしのいだ新田祐大選手。ゴール後はラインを組んだ斎藤登志信選手に祝福を受けた。

決勝戦の赤競.NETを表示する

今年初、そして記念では昨年5月の別府以来となる優勝。「久々ですね」。開口一番、新田祐大は安どの表情を浮かべる。
レースは激しいスピードレースになった。先に動いた深谷知広を東龍之介が叩くと、ホームからは川村晃司がカマシ先行。その上をまくった新田に、ゴール前は深谷が肉迫してきた。「誰か来たのは分かったけど、深谷強いですね。末が甘いです」。とはいえ、深谷を振り切っての記念優勝。「100点満点のレースではなかった。体はよかったけど、結果がついてこなかった」と振り返る全日本選抜のリベンジ。名古屋ダービーを前に最高の弾みをつけた。
「調整を失敗しないように。ベストで走れる状態で来る。できることを全てパーフェクトの状態にして名古屋に入りたい」
今日対戦した深谷、そして武田豊樹や平原康多らとの対戦が早くも楽しみになってきた。

猛然と新田に迫った深谷知広だが、わずかに届かず2着。
「届かなかったですね。あと数メートルあれば…。バックでもうキツかったです。新田さんに付いて行こうと思ったけど、斎藤さんが付いてきて締めこまれたらと思ったら付いてきてなかった。今回はオーバーワークで入ったんでやったほうですね。ダービーに向けて、いいアタリをつかむことができました」

川村がカマした段階で、京都コンビは決まったと思っただろう。しかし、新田、深谷のスピードが違いすぎた。3着の伊藤保文は「あの2人のスピードは異次元やったわ。頭一発じゃ止まらない」と呆然。しかし、最後は「大きな声では言えないけど、これで競輪祭ゲットだぜ」と笑顔を見せた。

川村晃司の仕掛けもドンピシャだった。
「1~2(コーナー)の休みたいところで休めなかった。でもバッチシのところで仕掛けて負けたら仕方ないですね」

東龍之介は「前の2人が意識し合ってくれればと思って川村さんにフタをした。先に深谷か新田さんが来れば、そこで勝負だと思ってたんですけどね。チャレンジャー精神で力の差と雰囲気を味わえました」と初めての記念決勝を振り返った。

誘導を追った深谷知広を新田祐大が交わして前受け。新田に斎藤登志信。以下は深谷―小野俊之、川村晃司―伊藤保文、東龍之介―川崎健次―中村浩士の隊列。
赤板手前で動き始めた東が5番手の川村に併せ込むと、深谷は2コーナーから先に動いて新田を押さえて打鐘。深谷ラインが出たところをすかさず東が叩き川崎―中村と続く。深谷は4番手に下げて、東の主導権。
8番手に置かれた川村は、最終ホーム手前から仕掛けて出る。前団に迫る京都コンビを新田が追いかけるが、斎藤は踏み出しで遅れた。川村が逃げる東をとらえるが、その上を新田がまくって最終バックを通過。深谷もようやくまくり合戦に加わり、外を踏み込む。川村を新田がとらえて先頭に立ち直線。押し切り図る新田を深谷が追い詰めるが、半車輪まで迫ったところがゴール。新田のV。2着に深谷。川村を利した伊藤が3着い入る。

  • ゴール写真
  • 表彰写真