HOME >> 2014年記念後記一覧 >> 奈良競輪場開設63周年記念「春日賞争覇戦」

奈良競輪場開設63周年記念「春日賞争覇戦」

平原康が今年2度目の記念V

メイン写真

オール連対で今年2度目の記念優勝を飾った平原康多選手。表彰式で優勝カップを誇らしげに掲げる。

決勝戦の赤競.NETを表示する

関東勢は優秀戦と同じ並び。番手の平原康多にとっては磐石の態勢と思われたが、展開は予想以上に厳しかった。目標の神山拓弥が渡辺一成に突っ張られると、最終ホームで自力にチェンジ。気迫のまくりで激戦を制した。
「苦しいレースでしたね。(渡邉)一成があんなに早くいくとは思わなかった。本当に激しい展開だったんですが、後輩が頑張ってくれたおかげです。仕掛けるべきか迷ったけど、あそこでいかないと阿竹君に持っていかれそうでしたからね。脚がいっぱいで後ろの様子は全く分からなかった。ゴールした瞬間は抜かれて3着かと思ったけど優勝できて良かったです。ゴールまで踏み切って終われたので納得のレースです」
今年は3戦して早くも記念V2。賞金ランキング1位と年頭からハイペースで飛ばしている。大会連覇を狙う全日本選抜に向けて、最高の弾みがついた。
「もう全日本選抜まで日にちがないですからね。しっかり疲れを取って調整します。連覇は全く気にしていないけど、今回よりもいい走りで終われるように頑張ります」

記念決勝で初めて連係が実現した徳島の師弟コンビは見せ場十分の内容だった。小倉竜二が最後は得意のハンドル投げで平原に迫ったが、僅かに届かなかった。
「あそこまで迫れたから勝ちたかったですね。残念です。阿竹が前々にいいレースをしてくれた。阿竹君の上手さが出たし、動きが俊敏でしたね。今回は阿竹にとってもいい刺激になったと思う。今後に期待します」

阿竹智史は平原のまくりに俊敏にスイッチして4角番手の絶好展開となったが、詰めを欠いた。
「一旦斬って前に出たけど、まだ先行は早いと思っていたら(渡邉一成)が来るのが見えたので出しました。平原君のまくりに反応良くスイッチできたし、余裕はあったんですけどね。抜いてやろうと思ったんですが、平原君が強かったです」

渡邉一成はライン2車で赤板過ぎから果敢に主導権を奪った。
「順番が来たら仕掛けようと思ってました。思ったよりレースが早く動いて残り2周で前に出る形になってしまった。まだ早いと思ったけど、あそこで出させたら終わりですから。もう1車、ラインがいれば違ったんですけどね。駆けた感じは良かったし、力は出し切りました」

突っ張られた神山拓弥は渡邉の後位に割り込んだ。
「レース前はどうするか色々と考えていたんですけどね。予想していたよりも、かなり早くレースが動いた。思い切って仕掛けていけたんですけど、スピードが合っちゃいましたね。番手に降りる判断は良かったと思います。結果的に平原さんが優勝したので良かったです」

号砲で渡邉一成が出てSを取り、並びは渡邉―大塚玲、神山拓弥―平原康多―長塚智広、阿竹智史―小倉竜二―北野武史の順となり、三谷将太が長塚の横で併走する。
青板ホームから阿竹が早めに上昇をはじめると、神山も合わせて踏み込み中団を取りにいく。阿竹が先頭に出てペースを緩めると、8番手に引いた渡邉が巻き返し、赤板過ぎに叩いて出た。すると今度は神山が反撃を開始。ここで打鐘が入る。反撃に気付いた渡邉も合わせて突っ張り、神山を出させない。その神山は番手に降りるようと試みるが、大塚も抵抗する。すると、このもつれを尻目に、平原が自力に転じてスパートする。番手を守った長塚が前に続くと思われたが、内の阿竹が長塚を退かして平原の番手を奪取した。平原は2角で渡邉を抜き去ると、続いた徳島勢との勝負に。最後の直線に入ると小倉が中を割って伸びてきたが、平原が力強く押し切って優勝を飾った。

  • ゴール写真
  • 表彰写真