HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 防府競輪開設64周年記念「周防国府杯争奪戦」

防府競輪開設64周年記念「周防国府杯争奪戦」

浅井康が執念の追い込みV

メイン写真

記念初Vを飾った相性のいい防府バンクで最高の結果を残した浅井康太選手。表彰式のあと、ファンにプレゼントを投げ入れた。

決勝戦の赤競.NETを表示する

浅井康太の執念がVを呼び込んだ。年末のGP出場へ賞金争いの渦中にいる佐藤とのライバル対決。レースは番手まくりの井上の後位で佐藤と激しく身体をぶつける流れになった。
 「早めに仕掛けたことが結果につながりました。1コーナーで井上さんが番手まくりに出るのが分かったので、後ろで我慢して直線勝負に頭を切り替えました。佐藤さんと併走になって、負けたら賞金がヤバイと思ったし、走りながらそこまで考える余裕はありましたね。車の出はいまいちだったけど、何とかしのいで勝てましたね」
 最後は昨年の覇者井上を渾身の追い込み勝負で逆転。「昨年は井上さんが優勝で僕が2着、それとは逆の結果になりましたね」と昨年の雪辱も見事に果たした。これでグランプリ出場に前進したが、まだまだ予断は許さない状況だ。
 「今回は初日から感触が良かったです。でも、まだまだですね。これからだいぶ空くので、しっかり調子を上げていきたい。記念も一宮、松阪とまだ2本ありますから。一戦一戦しっかり走るだけですね。競輪祭にきっちり仕上げて優勝できるように頑張ります」
 競輪祭まで残り2カ月あまり。熾烈を極める賞金バトルから目が離せない。

 大会連覇を狙った井上昌己は番手まくりの必勝パターンに持ち込んだが、ゴール目前で優勝の二文字はスルリとこぼれ落ちた。
 「小川君が頑張ってくれたし、あの展開で獲れないのはダメですね。相当きつくて脚がいっぱいでした。浅井君が4コーナーからグッと伸びてきましたね」

 佐藤友和は3番手で粘って井上の後位を奪ったが、浅井との併走で内に閉じ込められた。
 「誰かがやらなきゃいけないと思っていたし、(小川ラインの)番手か3番手の位置を狙っていました。浅井君はずっと外で回している感じでしたね。3コーナーで浅井君を飛ばせれば良かったんですが、ヨコの動きが未熟でした。悔しいですね」

 単騎の木暮安由は態勢を立て直して中団からまくって出たが、外に浮いて不発に終わった。
 「小川さんのラインを追っていくと、外併走になりそうだったので。内が空いたらしゃくっていこうと思っていたんですが、なかなか空かなかったですね。態勢を整えてから仕掛けていけるかと思ったんですが、かなり外を回されて苦しくなりました」

 小川祐司は初の記念決勝で積極果敢に主導権を奪った。
 「昨日はかなり緊張したんですが、今日はあまり意識せず、いつもどおり走れたと思います。でも、井上さんにせっかく任せてもらえたのに、僕の脚力不足で迷惑をかけてしまいました」

スタートを浅井康太が出て、志智俊夫―東口善朋が続き中近ラインが前受け。小川祐司―井上昌己―西川親幸に単騎の木暮安由。後方に佐藤友和―勝瀬卓也が待機して周回を重ねる。
佐藤は青板からゆっくりと上昇を開始。佐藤が前団まで押し上げると、浅井は佐藤ラインを受けて3番手まで引く。先頭に立った佐藤を小川が押さえて赤板。小川の主導権で井上まで出切る。佐藤は3番手で粘り、西川と併走。前団の様子を見ながら浅井が車間を切って志智―東口と続くが、最後方の木暮がインを突いて志智の横まで進出する。打鐘で逃げる小川がペースを上げて、井上後位を佐藤が奪取。勝瀬が続き西川が後退すると、4コーナーから浅井が反撃を開始。志智を弾いた木暮だが、浅井を追い切れない。
最終回の1センターで井上は、浅井をけん制しながら小川の番手から発進。井上に佐藤が続くが、佐藤の外に浅井がへばりつき井上後位がもつれる。中団で立て直した木暮が、まくりを打ってバックを通過。番手まくりの井上後位は、決着がつかないまま直線へ。
井上が後続のもつれをしり目に押し切り図るが、外併走をこらえた浅井が猛追。井上をゴール前できっちりとらえた浅井の優勝。3着に佐藤が入る。

  • ゴール写真
  • 表彰写真