HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 京都向日町競輪開設63周年記念「平安賞」

京都向日町競輪開設63周年記念「平安賞」

我慢の木暮安がVつかむ

メイン写真

落車直後のシリーズ。師匠の言葉を信じて我慢を続けた木暮安由選手が見事に勝利をつかんだ

決勝戦の赤競.NETを表示する

3月ダービーの落車で鎖骨、横突起を骨折。直前のオールスターでも落車の木暮安由。「調子は悪いし、我慢だと思って挑んだ結果。冷静に走れた」。2次予選をタイヤ差3着で辛くも突破。我慢を続ける男に勝利の女神は微笑んだ。
今シリーズは抜群の動きを見せていた平原康多。その平原が決勝も最終ホームから内をすくって先行した。
「平原さんがあの位置を取ってくれて、そこから仕掛けてくれた。それが優勝につながったと思う。本調子じゃないけど優勝できたのは平原さんやみんなのおかげ。自分ひとりじゃ獲れないので」

木暮は平原に感謝しきりだ。師匠(須田知光)の「やることはやってるからいずれ成果が出るぞ」。その言葉を信じてつかんだ3度目の記念優勝。「最近は1着が少ないので、1着を取れるように練習してきます」。最後まで笑顔を絶やさず今後の抱負を口にした。

オールスターからの強行軍もなんのその。軽快な動きで勝ち上がった平原康多は決勝でも渾身の逃げを打った。
「今日は先行の組み立てでした。まくられてないし、ワンツースリーですからね。でも最後は一杯。今日は力負けです」

一度は前との連結が外れてしまった浦川尊明だが、石井秀治の仕掛けに乗り、バックでは村上博幸をキメて再度ドッキングに成功。3着で競輪祭の権利もゲットした。
「迷子になっちゃったけど、あれで3着は大きい。2車で先行させる訳にいかないし、(村上に)外で勝ったからね。6番(石井)がピラんだときに内に行けたのが大きかったです」

地元勢唯一のファイナリストとして死力を尽くした村上博幸だが、3度目の地元記念Vはお預けに。
「悔しいけどね。浅井の気持ちは伝わってきたし、嬉しかった。内から行かれてセオリーどおり(レースが)動かないと難しい。(オールスターから)強行日程のなかで体のバランスを整えられたし、後半戦もやっていけそうです」

浅井康太、山崎芳仁のまくりは不発に。山崎芳仁は「いいところで行けたと思う。でも最後は危なかったですね。回して4コーナー勝負と思ってたから、本気で踏んでたら危なかった」。浅井康太も「(石井を)さばいて、そのまま行ったけど、止められなかったら行けてましたね。脚に余裕はあったし、あとは仕掛ける気持ち。しっかり練習してきます」とレースを振り返った。

最内の村上博幸がSを取り、初手は浅井康太ー村上、平原康多ー木暮安由ー浦川尊明、山崎芳仁、石井秀治ー武井大介、松岡貴久の順で並ぶ。
動いたのは青板周回の3角から。まずは石井が上昇して平原の横で止まり蓋をする。併走が続くと、浅井は誘導との車間を空けて警戒する。石井が内に斬り込み隊列がもつれたが、中団外に戻った所で鐘が入る。スローで流れるなか、2センターで浅井が腹を括って踏み込むも、平原が押し込まれた勢いで空いた内をすくい、主導権を奪った。平原が逃げる一方、ホームから石井が反撃に出るが、浅井に止められ万事休す。今度は浅井がスパートするも木暮の好ブロックに阻まれ2センターで力尽きた。山崎も伸びを欠き、これで前団で勝負あり。最後は木暮がゴール寸前で平原を捕えて優勝。一旦離れた浦川も付け直して3着に入り、関東で上位を独占した。

  • ゴール写真
  • 表彰写真