HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 小田原競輪開設64周年記念「北条早雲杯争奪戦」

小田原競輪開設64周年記念「北条早雲杯争奪戦」

長塚智が気迫の走り

メイン写真

記念連覇の長塚智広選手は小田原競輪イメージキャラクターの加藤茶さんと並んで笑顔の表彰式。

決勝戦の赤競.NETを表示する

打鐘前から仕掛けた矢口啓一郎に離れ、番手には稲川翔が入る大ピンチ。稲村成浩が中団に迎え入れようとしたが、責任感に突き動かされた長塚は気迫の走り。ホームから追い上げ再度番手を奪い返すと、最後は近畿コンビや浅井康太の強襲をしのいで抜け出した。
 「矢口君のダッシュがよかったですね。離れてしまったけど、何とか追いついて対応できた。矢口君が頑張ってくれたし、今日は矢口君、稲村さんのおかげ。すごく嬉しいです」
 これで富山に続いて記念連覇。武田豊樹不在の関東勢の軸となるべく、長塚は高いモチベーションを保ち続けている。
 「武田さんが戦線離脱しているので、その分もと思って一生懸命頑張ってます。武田さんが復帰するときにいい雰囲気で迎えられるように。チーム関東で頑張りたい」
 次は京王閣で開催されるオールスター。「練習させてもらってるバンクだし、準地元の気持ちで頑張ります」。これからもチーム関東が一丸となって激戦を戦い抜く。

 連日、鋭い伸びを見せていた村上博幸。稲川後位から中を割ったが、前を行く長塚には届かなかった。
 「翔としてはいいレースをしてくれた。でも翔にとってはいい展開じゃなかったですね。逆に苦しい展開になってしまった。最後もまだ向こう(長塚)が踏み込んでる感じで全然でした。翔はよく頑張ってくれたと思います」

 決勝も前々に攻めた稲川翔だったが、番手に入ったことで全てが狂ってしまった。
 「(車間を切って)整えようとしているところで長塚さんが上手いこと追い上げてきた。結果的に(長塚に)入られたんだし、弁解の余地はない。それからは人の動きをアテにせず自分で仕掛けようと思ったけど余裕がなかったですね。レースは動かせたけど、力不足、判断不足です」

 当所記念連覇を狙った浅井康太。バックから吉本後位に入ったが、その吉本がコーナーで膨らむ。そのまま前に踏んだが4着までが精一杯だった。
 「あのタイミングしかないと思ったし、行こうとしたら8番(吉本)と合った。あれが気になりましたね。もうワンテンポ早く仕掛ければ8番より前にいられたけど、前もかかってましたね」

 細切れの決勝戦。主導権を握ったのは矢口啓一郎だった。
 「後ろに入られたのは分かったけど、あそこで緩められない。俺は5着ですか? あと2人かあ…。あれで確定板ならかっこいいけどね。3着までに入ってればG1でもいい戦いができる自信になる。そこが課題ですね」

 吉本卓仁はまくり不発に終わった。
 「長塚さんにツケマイして行けば3着以内はあったかな。でも技術がない分、先に外に逃げちゃった。(脚では)戦えない感じではないし、いい経験になりました」

 地元Vを狙った桐山敬太郎だが結果は9着。「浅井を見ちゃいました。しょうがないですね」と言葉少なにレースを振り返った。

号砲で浅井康太がゆっくり出て、正攻法に構える。隊列は浅井-諸橋愛、稲川翔-村上博幸、矢口啓一郎-長塚智広-稲村成浩、吉本卓仁-桐山敬太郎の順で落ち着く。
青板周回の2コーナーから吉本が上昇を始めると、矢口も合わせて前に踏み込み、吉本の3番手に収まる。今度は赤板から稲川が仕掛けて先頭に立つが、すかさず矢口がスパート。稲川をあっさりと叩き切る。長塚は矢口の鋭い踏み出しに離れてしまうが、最終ホームで追い上げて番手を確保。稲川は3番手に下げて態勢を立て直す。浅井はホーム8番手から巻き返すが、これに合わせて吉本もまくり上げる。吉本のスピードは稲川の外で止まり、これを追った浅井も苦しくなる。懸命に逃げる矢口の番手で好展開となった長塚が最終2センターから前に踏み込み、記念連続Vを飾った。稲川の番手から直線で中を突っ込んだ村上が2着。長塚を追った稲川は3着まで。

  • ゴール写真
  • 表彰写真