HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 開設63周年記念「燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦」

開設63周年記念「燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦」

浅井康が優勝し不安を払拭

メイン写真

後方からの仕掛けで展開は苦しくなったが、見事なまくりで優勝。レース直後はヘルメットをファンへとプレゼントし、表彰式では引き締まった表情で優勝を喜んだ。

決勝戦の赤競.NETを表示する

前検日、検車場に姿を現した浅井康太は「(サマーナイトフェスティバルで)落車して、身体のケアをしてたので。自転車に触るのはそれ以来なんです」と落車からの経緯を説明した。初日特選は4着に敗れたが、2日目からは立て直して二次予選を1着、準決勝を2着でクリア。決勝戦も後方からの仕掛けで優勝をもぎ取った。

「(GP出場は)タイトルを獲ることが最善ですが、賞金ランキングのことを考えると今回優勝できたことは大きいですよ。“外を仕掛ける”と今回課題にしていたことも実行できたし、身体の状態もある程度確かめられました。決勝は小埜(正義)さんの仕掛けが全開だったのできつかったけど、番手の園田(匠)さんが優勝してもいいくらいの気持ちで仕掛けました。優勝までとは思ってなかったので嬉しいですね」

この時期は毎年オールスターへ向けて大事な時期。サマーナイトフェスティバルでの落車こそあったが、シリーズを通しての走りを見る限り、影響は大きくないと見ていいだろう。

「この後、岐阜記念を走ってそれからオールスターです。中部の記念だし頑張らないといけないけど、そこでもしっかりと走りきって、少しでも良い状態でオールスターに向かって行けたらいいですね」

浅井康太をマークした園田匠が2着に続いた。絶好の展開をモノに出来ず、悔しさが滲む。

「合宿仲間の浅井君だし、強さは信頼してました。思ったよりも早めに仕掛けてくれて、あとは抜くだけの展開だったのに。出切った時に、若干スピードが緩んで、それに合わせてスピードを落としたら、その後伸びずに危なかった。中々結果が出せない中で、記念の決勝に乗れたのは良かったけど。ここで勝てないのがS班との力の差ですかね。次が小倉の吉岡稔真カップなので、そこでも良い結果を残せるように頑張りたいです」

芦沢大輔は、浅井、園田の後位へ切り替え3着入線。

「小埜さんが逃げて、その4番手の位置を取るまでは良かったけど、そこで動けませんでした。初日に同じような内容で負けてるし、成長してませんね。3着の数字は良かったけど、最終ホームで自分で踏んで行くべきでした」

稲川翔は芦沢との中団争いで内に包まれ後退してしまう。

「大事なところで踏み負けてますから。なにも言い訳することはないです。悪い所が分かったし、二度と同じ失敗をしないようにするしかない」

成田和也は稲川マークから最後は内へとコースを取るも4着が精一杯だった。

「翔が頑張って無理やり行ってくれたんですがね。自分にもチャンスはあったけど、しかたないです」

小埜正義は4日間とも先行してレースを作った。

「格上が相手なので、ああするしかなかったですよね。自分がダメでも、海老根(恵太)さんと福田(知也)君に確定板に上がってもらいたかった。本調子じゃないなか、連日先行できたことは大きいし、もっと状態を上げて、次は自力で優勝を狙いたい」

海老根恵太は小埜の番手から出られず。

「小埜君があれだけ頑張ってくれたのに。合わせて踏んだけど全く間に合わなかった。自分が弱いだけだし、不甲斐ないです」

千葉両者を追走した福田知也は「状況を打開するには、前に構わず自分で行くしかなかったけど、ラインを組んでいるし、判断が難しかった」と決勝戦を振り返った。

けん制のスタートから成田和也が誘導を追いかけるが、浅井康太がさらに車を押し上げて前受け。浅井―園田匠、稲川翔―成田、小埜正義―海老根恵太―福田知也、芦沢大輔―稲村成浩で隊列は落ち着く。
青板の2センターから5番手の小埜から動き出す。小埜はスピード良く誘導を交わして、海老根―福田を連れて赤板で主導権を握る。中団は稲川ライン(イン)と芦沢ラインで併走となり、8番手の浅井に園田が続き打鐘を迎える。中団の併走が崩れ4番手を芦沢が奪取し、稲川が下げる。後方の浅井が打鐘の4コーナーから踏み出し、ロングまくりを打って最終回へ。
逃げる小埜の番手で海老根がけん制をするが、浅井がスピードで圧倒。地元勢を浅井があっさりまくりでとらえて、園田がソツなく続く。3番手は小埜からスイッチした海老根、芦沢、外をまくる稲川で3車の併走となり最終バックを通過。外に浮いた稲川は不発で海老根も失速。前団の2人を芦沢が追いかけ、後位に成田が切り替える。直線に入っても浅井のスピードは衰えず、そのまま押し切り優勝。園田2着、芦沢が3着。

  • ゴール写真
  • 表彰写真