HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 開場64周年記念「ちぎり賞争奪戦」

開場64周年記念「ちぎり賞争奪戦」

金子貴が地元記念を完全V

メイン写真

金子貴志選手は親王牌に続いて弟子の深谷知広選手とワンツー決着。表彰式を終え、完全Vの喜びをファンと分かち合った。

決勝戦の赤競.NETを表示する

 金子貴志が親王牌を制してから中3日。地元記念の前検日には「タイトルに恥じないように」と気持ちを引き締め、4日間のレースに臨んだ。
 「今回は連日いい位置で競走をさせてもらいました。深谷君、浅井君が強いし、信頼して付いていった4日間でした」
 決勝戦は打鐘ガマシを狙う神山拓弥を後閑信一が突っ張ってモガキ合い、深谷知広にとって絶好のカマシ頃となる。深谷は最終ホームで浮いた神山拓を避けて一気に加速。1センターで先頭の後閑を捕らえると、金子と2人で後続を千切る。車間を切った金子は直線をしっかりと追い込んだ。
 「深谷君が強くて離れてかけてしまいました。そのまま優勝して欲しかったけど、無理やり仕掛けてくれてるし、後ろがどうなってるか分からず、誰かがまくってくるんじゃないかと必死でした。今回はいい緊張感の中でレースをさせてもらいましたし、浅井君は続けなかったけど2人でワンツーが決まって良かった。この先も、タイトルに恥じないように頑張って行きたいです」

 深谷知広はいつものように、力を出し切った苦悶の表情を浮かべる。
 「神山(拓弥)さんが前に居てびっくりしたけど、無理やり行きました。レース内容は良くないけど力を出し切ることは出来たと思います。また次に向けて頑張るだけですね」

 神山雄一郎は最終4コーナーで牛山貴広が外を踏むと冷静に内コースを踏んで3着入線。
 「頑張ったけど相手が深谷だからね。あそこまでが精一杯かな」

 牛山貴広は浅井康太の仕掛けへ切り替え直線で外を踏む。
 「内のコースも空いたけど、後ろに神山(雄一郎)さんが付いているし、自分もまだ自力でやっているので外で勝負した。なんとか3着に入りたかったですが。またチャンスがあると思うし、しっかり練習したいです」

 深谷、金子に離れてしまった浅井康太は追い上げて前に迫るが直線で末を欠いた。
 「最終ホームで(神山)拓弥が浮いていたから、深谷が待ってそれから行くと思った。自分の判断ミスで遅れてしまいました。追いかけたけどバックで脚が一杯になってしまいました」

 神山拓弥は後閑信一に突っ張られて万事休す。
 「(後閑とは)別線で戦ったので仕方ない。あまりに早く叩くと、そのスピードを使われて深谷君に出て行かれるので、自分の中ではジャストタイミングだった。全開で行って突っ張られてしまいました」

 後閑信一4日間とも自力での競走。決勝戦でも気迫のこもったレースを演じた。
 「もう少し早かったら拓弥のラインに付いていったけど、タイミング的に引けないところだった。力を出し切れたし、次につながってくれると思います」

けん制を嫌ったのか深谷知広があっさりと誘導員を追って正攻法に。深谷―金子貴志―浅井康太―東口善朋―神山拓弥―牛山貴広―神山雄一郎―後閑信一―中村浩士の並びで周回を重ねる。
青板の2コーナー手前から後閑が上昇すると、ホーム手前で深谷は車を下げる。東口は栃茨ラインに切り替え、深谷は7番手。神山拓はしきりに深谷の動きをうかがいながら2コーナーから踏み込むが、出させては厳しいと判断したのか後閑に突っ張られる。思わぬ突っ張りにあった神山拓は大きく外に後退。隊列が整う前に仕掛けていた深谷―金子は出切ったが、あおりを受けた浅井は離れ気味になってしまう。金子が車間を切って深谷を援護すると、何とか追いついた浅井には牛山―神山雄が続いて直線へ。車間を詰めた勢いで金子が抜け出し、深谷と師弟ワンツー。追いかけるので脚を使った浅井は直線で内、外を行かれ、内を踏んだ神山雄が3着に入線した。

  • ゴール写真
  • 表彰写真