HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 開設63周年記念「三山王冠争奪戦」

開設63周年記念「三山王冠争奪戦」

浅井康がVをさらう

メイン写真

今年2度目の記念制覇。新車にも手応えをつかんだ浅井康太選手は早くも次の戦いを見すえる。

決勝戦の赤競.NETを表示する

終始、後方に置かれる苦しい展開だった。「何とかですね…」。開口一番、浅井康太は安どの笑顔。青板から早々と動き始めたレースは目標の脇本雄太が一度は内にもぐり込むなど、まさかの連続だった。しかし、終わってみれば浅井のスピード勝ち。決勝メンバー唯一のSS班として、意地とプライドを見せた。
「(菅田が)早く来るのは分かってたんで、突っ張るふりをして下げろよとワッキー(脇本)には伝えてた。でも、内に行ったんで、あそこは追えない。自力でやろうとも思ったけど、引いてきたので入れました。最後(のコース取り)は、2テンポ早ければ行けてたし、1テンポ早ければ落車してた。見てから入ったのであのタイミングでした」
今回はメーカーも違う新車を初日から投入したが、「ドームの感触はよかったので、あとは次(寛仁親王牌)を走ってどうか」。初日から入念にセッティングを見直し、G1でも使えるメドは立った。寛仁親王牌の舞台は弥彦。2年前にG1初優勝を飾った思い出のバンクだ。
「(宮杯で落車して痛めた)膝も3日目くらいからよくなっったかな。このあとはいつもどおり練習して、追い込んでから休養。(弥彦ではG1を)一発獲ってるんで、あともう1回獲れるように。みんな強いんで頑張ります」

菅田の頑張りで佐藤朋也には絶好の展開。松田のまくりを止めて、懸命にゴールを目指したがゴール寸前で優勝の2文字はその手からこぼれ落ちた。
「誰も来ないと思わなかったし、意外とすんなりだった。壱道もいい感じで駆けてたので残るかなと思った。今日は壱道が強かった。頑張ってくれたのに申し訳ないけど、2着でもやったほうですね」

3着入線の天田裕輝だが、消極的なレース内容に表情は冴えない。
「矢口さんの後ろに脇本がいたので、あのまま行っても叩くだけになる。松田(優一)の1車もデカかったし、見過ぎましたね。前を回してもらったのに、申し訳ないのひと言です」

菅田壱道は男気あふれる先行策でレースを支配した。
「あそこまでワッキーが来ないと思わなかったので、残り2周からは『朋也さん優勝してくれ』と腹をくくりました。紫(9番車)が見えて優勝したと思ったけど、僕の仕事はできたんで。次につながるレースはできたし、今回は収穫になった」

小橋秀幸は惜しくも確定板を逃した。
「(打鐘過ぎに松田にすくわれたが)併走するより一本棒にしてそこからと思った。最後はちょっと夢を見ましたけどね。追い込みなら(内に)行けるけど、見ちゃいました」

地元記念連覇を狙った矢口啓一郎は「(天田に)任せてたし、何も言うことはない」。脇本雄太も「しょうがない」と言葉少なにレースを振り返った。

一瞬けん制が入ったが、浅井康太が誘導を追い、脇本雄太ー浅井ー北野武史、天田裕輝ー矢口啓一郎、松田優一、菅田壱道ー佐藤朋也ー小橋秀幸の順で並んだ。
周回が進み、残り4周で菅田が上昇して脇本を押さえ、青板で誘導を下ろして先頭に躍り出た。脇本は外を退かそうとしたが、佐藤が堪えたため結局7番手まで車を下げた。菅田はペースを落として後方を警戒していくと、赤板から本格的に先行態勢に入る。打鐘で松田が内をすくって3番手を奪い、後ろは動きなく最終ホームを通過。菅田が警戒に逃げるなか、2角で脇本がまくりを試みるも、前の矢口が車を振って邪魔をする。これで脇本は万事休すとなり、浅井は切り替えていく。最終バックから松田が、3角から天田が前に踏むも、両者からんで伸びは今ひとつ。4角で佐藤が番手絶好となったが、中のコースを抜けて浅井が直線急襲。突き抜けて優勝をさらった。佐藤は惜しくも2着で、天田が3着に入る。

  • ゴール写真
  • 表彰写真