HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 開設63周年記念「五稜郭杯争奪戦」

開設63周年記念「五稜郭杯争奪戦」

成田和の追い上げがズバリ

メイン写真

追い上げ勝負が見事にはまり、4角ハコ回りから追い込んで優勝した成田和也選手。表彰式では地元ファンから声援が飛ぶ。

決勝戦の赤競.NETを表示する

「何とかしないといけないと思ってた」。SS班の佐藤友和をはじめ、北勢が相次いで脱落していくなか、決勝は成田和也たった一人に。重圧を一身に背負ったが、これを見事はねのけ、北日本の牙城を守り抜いた。

「残り一周だったし、昨日の金子さんを見てたら、僕も稲川君はまくるのは厳しいと思った。あれが逆だったら、村上さんの後ろか、自分で位置を取って出るか。何もしないで終わるよりは、勝負と思って追い上げたけど、今日は難しかったですね。タマタマうまくいった感じ。番手に入ってからは後ろが離れてるのは分かったんで、来たらブロックしようと思ったけど来なかったんで。そこからは必死でした」

この優勝で目標とする次のG1、高松宮記念杯へ大きく弾みを付けた。

「まずは自分のレースができたけど、今日はほんとにタマタマ。まだまだこれからなんでね。大きいところでしっかり走って結果を残したい」

 

岩津裕介はVロードが見えたが2着まで。

「乗り上げたと思った。競輪だったし、すんなりはなかったね。それでも稲川君は責任を感じて強引に行ってくれた。でも、僕は判断、動きが少しずつ遅れてしまった。道中余裕がなかったね」

 

金子貴志は決勝も4・33の大ギアで力の限り逃げまくった。

「まずは稲川君の突っ張りだけは気を付けて行こうと思ってた。成田君が追い上げてきたのは予想外だったけど、とりあえず踏んでおかないといけないと思って、そこからはペースでいきました。3着は大きいですね。しかも先行ですから」

 

村上義弘は懸命に踏むも、前は遠く4着。

「稲川が展開を作ってくれたし、ある位置まで連れて行ってもらってからが俺の勝負なんで。それでできなかったんだから自分の力不足です」

 

稲川翔は落車のアクシデントに怯まず踏み上げたが、力及ばず。

「失格になったとしても最後までしっかり踏まないとと思って必死だった。2コーナーでもう一回行けると思ったけど、金子さんが掛かっていった。あの展開でも、4コーナーを先頭で回ってくる予定だったけど。村上さんと2人で力を出し切るレースをしようと思ってたけど、僕が冷静でなかった。もう少し気持ちのゆとりがないとダメ。成長しないと。でも、次につながる函館記念になりました」

 

番手を明け渡してしまった有賀高士は、「追わないといけないと思って必死だったし、追い付いてやると思ったけど無理でした」と話す。中部で連係した坂上樹大も「内をすくわれて終わった」と肩を落とした。

号砲が鳴ると村上義弘がスタートを取って、稲川翔を迎え入れる。稲川―村上に岩津裕介で前受け。成田和也―伊勢崎彰大が中団に構え、金子貴志―有賀高士―坂上樹大に岡田征陽が続いて最後方で周回を重ねる。6番手の金子から動き出し、赤板で稲川に併せ込む。さらに踏んだ金子が2コーナーで誘導を交わし先行態勢。有賀―坂上に岡田。成田―伊勢崎まで切り替えて打鐘を通過。金子が後続の隊列を気にしながらペースを落とす。稲川が2センターでようやく7番手まで下げると、成田が山降ろしですかさず仕掛けて出る。合わせて踏んだ金子がペースを上げて、追い上げた成田は有賀から番手を奪取。岡田が稲川と絡んで落車し、最終回へ。金子の主導権に成田、離れた3番手に有賀。坂上の内をすくって稲川が進出し、村上―岩津。伊勢崎は成田を追えず8番手。逃げる金子の掛かりもいいが、成田も楽に追走。有賀はいっぱいで最終バック手前からまくった稲川が懸命に前団に迫る。稲川が4コーナーで追いつくが、そこからは車が伸びない。成田が直線で踏み込み、金子をとらえて優勝。稲川の外を村上が踏むが、村上に乗った岩津が中のコースを伸びて2着、3着に金子が粘る。

  • ゴール写真
  • 表彰写真