HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 別府競輪開設63周年記念「別府八湯ゆけむりカップ」

別府競輪開設63周年記念「別府八湯ゆけむりカップ」

新田祐が豪快にまくる

メイン写真

圧巻のスピードで地元勢の夢を打ち砕いた新田祐大選手。表彰式では賞金ボードを掲げて満面の笑みを見せる。

決勝戦の赤競.NETを表示する

「前回の失敗を取り返したい」。前検日にそう話した新田の動きは初日から違った。そして、「集大成にしたい」と話した決勝戦でも圧巻のパフォーマンス。逃げる地元勢に対し、4番手を確保すると、バックまくりで前団を鮮やかに飲み込んだ。
「決勝も基本は積極的に走る。でも成田さんにアドバイスをもらって、駆ける気持ちもいいけど、勝ちに行くのも重要だと。後手にならないように考えながら走ったのが、いい位置になったのかな」
上がりタイムは10秒9。輪界屈指の差し脚を誇る成田和也でさえ、ほとんど差が詰まらなかった。
「大竹さんの蛇行も効いたし、大塚さんも振ってきたので思った以上に出なかった。ゴール前は成田さんに差されるか、差されないかの勝負だと思ってたけどよかったです」
今や北日本のみならず、輪界を代表する機動型になろうとしている。
「色んな人に応援されてるし、その期待に応えられるように走っている。いい方向に気持ちが向いてるし、これからも優勝を意識しながら、毎回1着を目指して走りたいと思う」
声援を力に次はビッグレースでも頂点を狙う。

成田和也は逆転ならず。レース後は勝った新田を笑顔で称えた。
「新田が冷静でしたね。前々に攻めたからあそこ(中団)に入れた。4コーナーからも全くスピードが落ちなかったし、あの踏み返しは強い。新田の強さは嬉しいし、僕も鍛え直さないといけないですね」

浅井康太は3着まで。稲毛健太が新田にあっさりと中団を明け渡したことが大誤算だった。
「あそこで併走して、新田が行けば僕らが生きるレースになるのに。下がって来られたらどうしようもない。3コーナーで差し込んでから踏んでの3着なので脚はボチボチですね」

菅原の頑張りに応えたかった大塚健一郎だったが、あまりにも新田のスピードが違った。
「スピードが違った。かなり上を踏んでたし、追いかけたけどダメだったね。晃も『行く』って言ってくれたし、頑張ってくれました」

大竹慎吾はサバサバした表情でレースを振り返る。
「晃の前にもう一人いるね。やっぱりワールドクラスは違う。でも俺はいい感じで回せたし、収穫のあるシリーズでした」

逃げた菅原晃は「もう1車(味方が)いりますね。ホームで新田が来てる気がした。出切られたら終わりだし、バックではダメだと思いました」とオーバーペースで9着大敗という結果に終わった。

内側の2車も出るがスタート合戦を浅井康太が制して、前で構える。浅井に鈴木誠が続いて前団。以下の隊列は新田祐大―成田和也、菅原晃―大塚健一郎―大竹慎吾、稲毛健太―岩津裕介で周回を重ねる。
青板バックを過ぎて早めに上昇を始めた稲毛が、前の浅井に併せ込んで赤板。稲毛ラインを菅原が追って、新田は早めに後方まで下げる。浅井は下げて打鐘前の2コーナーで稲毛が先頭に立つが、すかさずその上を菅原が叩いて出て打鐘を通過。菅原が主導権を奪取し、大塚―大竹まで出切る。中団は新田と稲毛の併走になるが、新田が楽に4番手を取り切る。菅原は落ち着いてペースを徐々に上げて逃げる。引かされた稲毛―岩津が6、7番手になり、浅井は一本棒の8番手で最終回を迎える。
最終2コーナーで稲毛が6番手からまくりを打つが、新田に合わされ不発。新田はグングンと加速し、大塚のけん制をものともせず地元勢を一気にとらえる。成田がしっかりと続き、直線は福島両者のマッチレース。新田のスピードが衰えず、成田を振り切って完勝。離れた3着争いは、切り替えた大塚、岩津を、外から交わした浅井が届く。

  • ゴール写真
  • 表彰写真