HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 西武園競輪開設63周年記念「ゴールド・ウィング賞」

西武園競輪開設63周年記念「ゴールド・ウィング賞」

萩原孝が記念初優勝

メイン写真

自身初となる記念Vは村上選手の番手から。レース後は、マークした村上選手からねぎらいの拍手を受け、優勝を喜んだ。

決勝戦の赤競.NETを表示する

 萩原孝之の優勝は、少なからず運のツキもあったことだろう。雨中の決戦となった3日目準決勝はゴール線を4着通過。地元の平原康多が失格となり、繰り上がりで決勝戦進出を決めた。決勝のメンバーが出そろうと、萩原が属する南関地区は4名の勝ち上がり、海老根恵太、武井大介が千葉同士で並び、萩原よりも競走得点を保持していた林雄一が千葉勢の3番手を選択した。
 「気持ち的には4番手でも良かったが、4番手だと優勝は無い位置かなと思った。他の南関の3名も、気を遣わなくていいと言ってくれたし、村上さんをマークすると決めました」
 決勝戦は村上義弘が打鐘過ぎに叩いて主導権取り。後方はもつれもあり、萩原はすんなりと番手の位置を回り、最後の直線を追い込んだ。
 「自分の優勝は村上さんのおかげ。それしかないでしょう」
 普段からあまり表情を崩すことのない萩原、優勝決定後も普段と変わらぬ表情で優勝の味を噛み締める。
 「記念の優勝を目標にやっていたので嬉しいですね。村上さんが先行するとは思ってなかった。離れたら恥ずかしいので付いて行くことだけを考えていた。気持ちに余裕はなかったですよ」
 フタを開けてみると予想していなかった村上の先行策。番手の位置をすんなりと回った萩原に絶好の展開がめぐってきた。
 「脚には余裕がありました。周りの様子も見えていて、直線で飲み込まれそうだったので、先行してもらって申し訳ないんですが、前に踏ませてもらいました。表情には出てないと思いますけど、優勝は嬉しいですよ」
 
 藤田竜矢をマークした岡田征陽が2着。最終2センターで外の林雄一をドカして踏み場を確保。直線を追い込んだ。
 「レースが終わってから藤田君とも話をしたんだけど、打鐘のところでもう少し踏んでいたら、もっといい展開になっていましたね。あの位置では引くことも出来ないし、藤田君は関東のみんなが優勝を狙えるような組み立てをしてくれた。久しぶりに楽しいレースができました」
 
 芦澤大輔は岡田の内を追い込み3着で確定板入り。
 「藤田さんが引かずに、いい位置で強いレースをしてくれました。優勝は出来なかったけど、こうやって走るひとつひとつのレースが大事になってくるだろうし、また次に向けて頑張りたいです」
 
 逃げて強し、まくって強しとシリーズを通してその強さを体現しつづけた村上義弘。結果は4着だったが、決勝戦でもスタイルを崩すことなく自らの競走に徹した。
 「西武園はまくりが決まりにくいバンクだし、どのラインも番手選手がしっかりしていたので、逃げる方が固いと思いました。今回は、初めて4日間を通して4・2倍を超えるギアを使ってたし、その疲労も多少はあるだろうけど、残れないのは自分の脚力。今回で得られたことを次に活かしていきたいです」
 
 吉田敏洋は最終2コーナーで藤田に身体を当てられるも、しぶとく踏み続けたが最後は伸びを欠いた。
 「一番大事な決勝の日だったのに、4日間で身体が一番重たかった。何をやっているんだろう。打鐘で一杯になっているようではダメ。練習してきます」
 
 藤田竜矢は村上ラインに続く吉田と併走。最終2コーナーでは吉田に身体を当てるなど、強気な攻めを見せた。
 「組み立てはある程度考えて居た通り。押さえた後、だれも来なければ逃げる、来れば出来るだけ前の位置で勝負。(吉田が)被る形で苦しくなってしまったが、レースは作れたと思うし、納得はしています」
 
 最終ホームから仕掛けた海老根恵太。いい勢いで加速していくが、最終2コーナーで受けたあおりが痛手となった。
 「タイミングはバッチリでしたが、2コーナーさえなければ。たらればは、言っても仕方ないし、また次に頑張るしかないです」
 
 武井大介は海老根と共倒れ。
 「自分は海老根さんに任せた立場なので。4コーナーから先なら内を踏むことも考えていたけど、2コーナーのところで内を踏む訳には行かなかった。海老根さんに付いて行くことで精一杯でした」
 
 海老根ライン3番手の林雄一は最終2コーナーであおりを受け、内へと切り替えチャンスを狙った。
 「海老根さんが止まってしまい、お皿みたいな西武園バンクだと、あの位置から外を踏むのはきついと思って内へ行った。(岡田に)絡まれても踏めていたけどコースが無かった。また突っ込めるように準備しておきます」
 

号砲で武井大介が飛び出し正攻法を確保。海老根恵太を迎え入れると、周回は海老根―武井―林雄一―村上義弘―萩原孝之―藤田竜矢―岡田征陽―芦澤大輔―吉田敏洋の並び。
赤板ホームから藤田が上昇を開始すると、中団の村上にフタをする。単騎の吉田は藤田には続かず、最後方で前の様子をうかがう。打鐘に合わせて藤田が先頭に立つと、すかさずその上を村上が叩いて主導権を奪う。上手くこの動きに続いた吉田だったが、藤田と3番手争いになる。3番手併走を見た海老根はホームから早めの巻き返し。しかし、2コーナーで藤田が吉田を持っていくと、そのあおりを受けて大きく後退する。一度は4番手アウトに下がった吉田が3コーナーから再度踏み上げると、村上後位の萩原がこれを張りながら抜け出し嬉しい記念初優勝。吉田後位にスイッチした林を飛ばして萩原を追った岡田が2着、続いた芦澤が3着に入線した。

  • ゴール写真
  • 表彰写真