HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 武雄競輪開設63周年記念「大楠賞争奪戦」

武雄競輪開設63周年記念「大楠賞争奪戦」

藤木裕が大会連覇

メイン写真

2日目優秀競走から3連勝で波乱の大会を制した藤木裕選手。ウイニングランでは両手を挙げて喜びを爆発させた。

決勝戦の赤競.NETを表示する

波乱続きの今開催だったが、藤木裕の気迫あふれるレース運びと強さだけは最後まで変わらなかった。初日こそ深谷知広に敗れたが、2日目から3連勝。細切れの決勝戦は的確な読みとフットワークで4番手を確保。直線は番手まくりの井上昌己を渾身の追い込み勝負で一気に抜き去った。
「初手でいい位置を取れたし、小埜さんは思い切っていくだろうと思ってましたからね。4番手をしっかり取れたので、あとは2コーナーで自分が仕掛けるかどうか。井上さんが車間を切っていたし、この位置なら待ってもいいかなと。冷静に走れたと思います。優勝できて本当に嬉しい」
記念初優勝を飾った昨年大会からこの1年間で飛躍的な成長を遂げた。思い出の地で新たな勲章を手に入れた藤木の快進撃は止まらない。次走の共同通信社杯も強力なタテ攻撃を武器に暴れまわる。
「記念連覇は簡単にできることじゃないですからね。しかも今回のメンバーで達成できたのは自信になります。これからも目の前の一戦一戦をしっかり戦っていくだけ。また1から練習し直して、共同もしっかり頑張ります」

人気の深谷知広は後方からのまくり追い込みで大外を強襲。上がり10秒9の豪脚で迫ったが、2着までが精いっぱいだった。
「前受けして、いけるところから仕掛けようと思っていました。ホームでそのまま踏んでいければ良かったけど、調子が良くなくていけなかったです」

九州勢の最後の砦となった井上昌己は絶好展開から番手まくりを敢行したが、最後の直線で力尽きた。
「小埜君が前で頑張ってくれました。流さずに踏んでタレてきていたので、前に踏ませてもらいました。4コーナーでは藤木といい勝負だと思ったんですけどね。俺が強ければ問題なく勝てていたし、力不足です」

他地区の選手2人に前を託された小埜正義だが、打鐘から迷いなく主導権を奪った。
「2人に任せてもらった以上は最初から先行と決めていました。力は出し切りました。次に乗ったときは、いい勝負ができるように頑張ります」

池田勇人は勝負どころで立ち遅れてしまい、見せ場なく敗れた。
「小埜君と先行争いしても厳しいし、4番手をしっかり取れれば良かったんですけどね。踏み遅れてしまった。あそこが全てですね」

藤木マークの南修二は4着まで。
「連日、藤木が前でいいレースをしてくれた。自分は弱いですね。また練習して頑張ります」

号砲が鳴り深谷知広がゆっくりと誘導を追いかけ前で構える。坂上忠克が続き、中部勢が前団。以下の隊列は藤木裕―南修二、小埜正義―井上昌己―小倉竜二、池田勇人―浦川尊明で周回を重ねる。
池田が赤板手前から上昇を始め2コーナーで誘導を交わして出るが、小埜がその上をすかさず押さる。勢いよく飛び出した小埜が、打鐘で先行態勢。井上―小倉の追走。池田は中団に下げるが、3コーナーから踏んだ藤木が追い上げて4番手を奪取。小埜はそのままペースを上げて主導権を握り、最終回へ。
後方に置かれた深谷は6番手まで押し上げて池田と併走しチャンスをうかがう。逃げる小埜との車間を空けた井上は、最終バック手前から番手発進。井上に小倉。藤木ラインが続き、深谷は3コーナーを過ぎてようやく反撃。井上が先頭で直線を迎える。
井上ラインに乗った藤木は、外に進路を取り中のコースを鋭く伸びて優勝。藤木の外をまくり追い込みで強襲した、深谷は2着まで。井上が3着。

  • ゴール写真
  • 表彰写真