HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 玉野競輪開設62周年記念「瀬戸の王子杯争奪戦」

玉野競輪開設62周年記念「瀬戸の王子杯争奪戦」

村上義が王者の貫禄で記念連覇

メイン写真

満身創痍の状態で4日間を戦い抜いた村上義弘選手。ウイニングランで場内の大声援に手を振って応える。

決勝戦の赤競.NETを表示する

村上義弘が王者の貫禄でファンの期待に応えた。楽な展開ではなかった。先制した脇本雄太の後位で佐藤友和に飛び付かれたが、気迫のさばきで番手を死守。直線で最後の力を振り絞って踏み込み、後続の猛攻を何とかしのいだ。
 「脇本の先行パターンは限られてますからね。相手も作戦を立てやすいし、こういう展開になることは予想していました。まずは脇本の後ろを守り切ること。そのあとはもう必死でした」
 昨年末のGPを制してからタイトな日程を消化している。この後も平記念の3日目に開催される復興支援レース「チャリーズ杯」に参戦。立川ダービーまで休む暇はない。輪界トップの自覚と責任感で走り続ける。
 「スケジュールが忙しくて、今回もあまりいい状態ではなかった。それでも人気になるので、自分の思いどおりに身体が動いてくれるのを願うだけですね。このユニフォームで恥ずかしい走りはできないし、これからも期待に応えられるように、一戦一戦、全力を尽くすだけです」

 小野俊之は4番手から中割り強襲で迫ったが、僅かに及ばなかった。
 「(佐藤)友和が頑張ってくれました。まくりだと思っていたから、自分にとっては意外でしたね。優勝しないといけない展開だった。昨日からセッティングが出ていなくて、踏めなかったですね」

 単騎の諸橋愛が中団から外を鋭く伸びて3着に入った。
 「いろいろと展開は考えていたんですが、とりあえず脇本君のラインから組み立てました。(佐藤)友和が粘るのはちょっと意外でしたね。最後はビクトリーロードが空いたと思ったけど、思ったより伸びなかった」

 脇本雄太はいつもどおりのレーススタイルで主導権を握ったが、最後の直線で力尽きた。
 「(佐藤)友和さんの粘りはあると思っていました。仕掛けのタイミングがワンテンポ遅かったですね。全然踏めなかったし、脚がない。村上さんにも反省するところがあると言われたので、そこをしっかりと受け止めて、また脚を磨いていきます」

 村上に飛び付いた佐藤友和は踏み遅れて3番手で態勢を立て直したが、仕掛けのタイミングを逸した。
 「粘ることはあまり考えていなかったけど、とりあえずワッキーと一緒に踏んでみようと。ギアを上げている分、遅れてしまいましたね。3番手に入れたけど、村上さんもバックを踏んで車間を空けているから難しかった。ワッキーがもう少しかかってくれれば面白かったんですけどね」

 地元勢は不発に終わった。三宅達也は後方からまくり上げたが、スピードの乗りはいまいちだった。
 「(佐藤)友和君が粘ってくれて、いい展開になったと思ったんですけどね。つまったところで仕掛けようと思っていたし、タイミング的には悪くなかったと思います。ただ、調子が良くないので、車は出なかったですね。これが今の力だし、また練習して頑張ります」

地元勢が別線の出方を見ながら、誘導を追って前受け。三宅達也―三宅伸―大前寛則となり、以下の隊列は佐藤友和―小野俊之、脇本雄太―村上義弘―有賀高士に単騎の諸橋愛で周回を重ねる。
脇本は赤板で動かず、2コーナー手前からカマシ気味に一気に踏み込む。打鐘過ぎに脇本が主導権を握って出るが、脇本に合わせて出た佐藤が番手に飛び付く。脇本後位は佐藤―小野(イン)と村上―有賀の併走、諸橋が続く。下げる形となった地元勢は、前団の様子をうかがいながら、最終回へ。
逃げる脇本の番手争いは佐藤をキメて村上がキープ。競り負けた佐藤を、小野が有賀を弾いて3番手に迎え入れる。併走の隊列がほどけると、最終1コーナーから三宅達がまくり発進。三宅達はグングンと加速するが、脇本の掛かりも悪くない。三宅達は最終バック過ぎに佐藤の横でいっぱい。立て直した佐藤も車は出ず、小野がインを進出して直線。
逃げる脇本と村上の中を小野が割って出るが、村上は前に踏んで出る。脇本は力尽き、中割りの小野を振り切った村上が、記念連覇。2着に小野。地元勢は不発で、外を踏んだ諸橋が3着。

  • ゴール写真
  • 表彰写真