HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 四日市競輪開設61周年記念『泗水杯争奪戦』

四日市競輪開設61周年記念『泗水杯争奪戦』

新田祐大が記念初V

メイン写真

記念開催初優勝の新田祐大選手は喜びを全身で表現。後ろ姿も誇らしく、喜びが伝わってくる。

決勝戦の赤競.NETを表示する

「初の記念ですよー」
レースを終え、引き上げて来た新田祐大が、迎えた仲間達へと喜びの声を伝えた。
「初日特選は逃げて(1着)、優秀はなにもできずに(6着)、準決勝は逃げて(番手を回った)長塚(智広)さんに残してもらって(2着)。色んなことが重なって、今日の決勝の舞台に立てました。後ろの齋藤(登志信)さんは『いつも世話になってるから好きに走って良いよ』と言ってくれました。自分は先行でもまくりでも力を出し切ってと思っていたので、展開はどちらでも良かったです」
正攻法の新田は打鐘で深谷が先頭に立つと車を下げて8番手。だが、最終ホームからすかさず巻き返し。スピード良く前団を飲み込み記念初優勝を自らつかみ取った。
「風が強かったので、ラインからあまり離れず、風を浴びないように走った。誰かが持って来たら分からなかったけど、持ってきた時点でその人はすくわれるし、勝負に出ました。勝ち上がりで色々な戦い方を出して、今日の勝利に上手くつながったと思います」
今後も自転車競技と競輪競走の二足のわらじが続くが、不安は全くない。
「競技の方も、自己ベストをどんどん出していって結果を求めたいと思ってます。それが競輪にもつながってくると思う。競輪での今年の目標はG1を獲ってGPに出ること。まだ1年は始まったばかりだけど少しだけ前に進めたと思います」

周回中は新田ラインを追走した長塚智広は、深谷の番手を奪う。その後はまくった新田へと切り替えたが差は縮まらなかった。
「(新田が)突っ張るならそのまま追走だったけど、自分も引けないところ。新田君も(上がりタイムは)11秒2で自分も同じタイム。詰まらなかったですね」

3着争いは長塚の仕掛けを追った柴崎淳と、柴崎マークの村上博幸とでゴール前勝負。村上が柴崎を4分の1輪交わして確定板入りを果たした。
「3番手はあまり回らないけど、柴崎君の地元だし、いつも頑張ってくれてるので。まずはラインを大事に(ドカされた柴崎を)迎え入れて直線勝負でした。自分なりに仕事は出来た方だと思います」

柴崎淳は「自分が弱かった」と反省の弁。
「粘られると思ったけど、すんなり取られては。情けないです。今回は決勝まで勝ち上がれて自信になったし、課題も見つかった。またこれから上げていきたいです」

逃げた深谷知広は最終3コーナーで力尽き、9着まで沈んだ。
「粘られないように出たつもりだったけど、レースを見すぎてしまった。風が強くて、4日目だとキツい、持たないですね。バックの向かい風で自分のスピードは止まってしまったし、新田さんのスピードが違いすぎました。手応えはつかめた開催だったし、全日本選抜にはつながると思います」

同じ関東の長塚智広とは別線でレースに挑んだ木暮安由。最終ホームで斉藤努のけん制をまともに喰らって車体故障、ハンドルがゆがみ力を出し切れずに終わった。
「ああなったら落車しなかった事だけでも良しとしないと。次はG1で中3日しかないですからね。今回の3日目までは良い感じだったし、切り替えて松山に向かいます」

号砲で中川誠一郎、新田祐大が飛び出し、新田が正攻法を確保。中川は長塚智広を入れ、周回は新田―斎藤登志信―長塚―斉藤努―木暮安由―中川―深谷知広―柴崎淳―村上博幸の並び。
赤板ホームから上昇を始めた深谷が打鐘前に誘導員を下ろすと、3番手から合わせて踏んだ長塚は深谷の番手でイン粘り。打鐘でアンコになった斉藤が長塚マークを外すと、競り負けた柴崎を村上が3番手に迎え入れる。最終ホームからペースを上げる深谷だが、思うように踏み上がらない。8番手に置かれた新田はホームから早めのまくり。番手の斎藤が離れるほどのダッシュで一気にトップスピードに乗せると、グングン前団に迫る。長塚の対処も遅れ、バックで出切った新田はそのまま後続を千切る。長塚は懸命に新田を追うが逆転まではいたらない。押し切った新田が嬉しい記念初優勝。長塚を追った柴崎後位から伸びた村上が3着に食い込んだ。

  • ゴール写真
  • 表彰写真