HOME >> 2013年記念後記一覧 >> 大宮競輪場東日本発祥64周年記念 倉茂記念杯

大宮競輪場東日本発祥64周年記念 倉茂記念杯

平原康が地元でV発進

メイン写真

2年ぶり4度目の当地記念制覇を果たした平原康多選手。力強い走りで一番人気にしっかりと応え、ウイニングランでファンの声援に応える。

決勝戦の赤競.NETを表示する

平原康多の地元にかける執念が実った。最終ホームで5番手を確保。2コーナー過ぎから満を持して仕掛けたが、8番手からまくった渡辺一成にあっさりと抜き去られた。これを懸命に追って最後は気迫の追い込み勝負。長塚智広の猛追をしのいで激戦を制した。
「細切れで作戦は特に考えていなかったです。あの位置を取って自分のタイミングで踏んだんですけど、(渡辺)一成がワンテンポ早く仕掛けていたんですね。浅井の上を越えて追っていけたのが大きかったです。一成を抜き返して終わりじゃなかったですね。長塚さんに抜かれたと思いましたが、優勝できて良かったです」
昨年は度重なるケガに苦しんだが、不屈の闘志で復活を遂げた。地元で文句なしのV発進。ここから平原の反撃が始まる。
「ケガをして得るものも多かったですから。その経験がなければ、こういう走りはできていなかったと思います。今年はダービーも予選スタートで厳しいですが、負けなければいいという気持ちで身体を作っていきます」

長塚智広は番手から輪界屈指の切れ味で迫ったが、僅かに届かなかった。
「平原君が強かったです。余裕はなかった。抜いていると周りから言われたけど、自分では絶対に抜いていないと思った。恵まれました」

8番手に置かれた渡辺一成は最終2コーナーから抜群のスピードで前団を飲み込んだが、最後は末を欠いた。
「今日はバックを取りにいくような仕掛けを考えていました。8番手からで距離が長かったですね。今回の神山さんのデキなら付いていきてくれると思ったんですけどね。もうちょっと抵抗したかったけど、いいレースはできたと思います」

浅井康太は勝負どころで内に詰まってしまった。
「いい位置を取る組み立てが基本だったので、それはできたけど、(渡辺)一成さんの仕掛けが見えなくて対応できなかった。今日は残念ということで、また次は頑張ります」

水谷好宏は4日間連続で気風良く風を切った。
「みんな強いので、まくりに回っても厳しいですからね。どう先行態勢に入るかだけを考えていました。今日は重く感じました。力は出し切れたし、力負けですね」

単騎の石毛克幸は平原ラインの3番手から組み立てた。
「切り替え、切り替えで脚を使うよりも、平原君ラインの3番手に決めた方がいいかなと。道中は余裕があったんですけどね。神山さんに割り込まれなければ、いい勝負になっていたと思います」

完全Vに王手をかけていた神山雄一郎は渡邉の仕掛けに離れてしまった。昨年末からの連勝は5でストップ。
「見てのとおり今日は離れてしまいました。付いていければ2人で決まっていたかもしれないし、(渡辺)一成には悪いことをしました。出し切ったし、しょうがない。また出直します」

号砲が鳴ると浅井康多がいち早く飛び出してSを取った。初手は浅井ー中村圭志、渡辺一成ー神山雄一郎、平原ー長塚智広、石毛克幸 、水谷好宏ー西岡正一の順で並んだ。
赤板ホームを通過し、水谷がゆっくり上昇していくと、平原も合わせて動いていく。水谷が前を押さえ、誘導が退避したところで打鐘が入る。水谷が先頭に立つと、平原と浅井で3番手を取り合う形となったが、結局は石毛に迎え入れられ、平原が5番手まで車を下げた。一方、水谷はホームからペースを上げて主導権。水谷が逃げるなか、渡辺が2コーナーからスパートし、グングンと上がっていくと神山は離れてしまう。平原も遅れを取りながらも懸命に前に踏み込んでいく。渡邉に出切られたものの、これを目標にした平原が、追い付くスピードを利用して追い込んで地元優勝を手にした。長塚は懸命にハンドルを投げたが、微かに届かず2着。渡辺は3着となる。

  • ゴール写真
  • 表彰写真