駆け抜ける感動たちかわ競輪
検車場レポート
前検日 初日 二日目 三日目
1/3 1/4 1/5 1/6
  • 関貴之選手
  • 金川光浩選手
  • 佐久間仙行選手
  • 岡村潤選手
  • 吉村和之選手
 立川競輪開設60周年記念「鳳凰賞典レース」は3日目を迎えた。今日のメインは準決勝。日を追うごとに選手のボルテージは上がり、メインレースは落車のアクシデントも発生。サバイバルレースを勝ち抜き、決勝9選手がでそろいました。


 1つ目の準決勝9レースは井上嵩がフカして先行する展開に。新田祐大がまくってくると、岡田征陽が番手まくりを敢行。最後は後方の反撃を封じて押し切った。
 「井上君があんなに行ってくれたんでね。もっと遅ければ番手の仕事ができたけど、行かれてしまってはどうしようもないんで。井上君の気持ちに応えるためにも、早めに行かせてもらいました」
 関貴之が岡田を懸命に追走して2着。嬉しい記念初優出を決めた。
 「準決も初めてなのに。嬉しいですね。今日はしっかり追走すればイケると思ってたんで、岡田さんの後輪だけみて走りました。新田君が来てたから絶対に遅れないようにと思って必死でした。直線が長かったですね。こんなに緊張したのはデビュー戦以来。調子は良いけど、今日は前のおかげです」
 新田の3番手から金川光浩がしぶとく伸びて3着に入った。
 「外は行けると思わなかったんで中を行ったけど、まさかこんなことになるとはね。新田君が上手く4番手を取ってくれたし、今日は前が頑張ってくれたおかげ。4日制になってから記念の決勝は初めてだと思う」
 井上嵩は力を出し切り、清々しい様子で引き揚げてきた。
 「押えてからは絶対に出させたくなかった。ジャンで来る気配がなかったんで、一回緩めてから全開で踏みました。そこからあとは自分が持つか持たないかのレース。力がなかったですね。今日は気持ちでモガきました」

 10レースは人気どころが総崩れ。3連単は37万円の大穴が飛び出した。レースは片寄雄己が絶妙のタイミングでカマすと、まくってきた平原康多はブロックを浴びて失速。直線で3番手の勝瀬卓也が鋭く突き抜けた。
 「今日は前2人のおかげ。作戦は(望月)永悟が考えてくれて、僕は付いて行くだけだった。片寄君が強かったし、3着以内には入れるかなと。僕も縦、横に満足できる状態で、レースも見えてます」
 ゴール前は落車のアクシデントがあり、これを避けた佐久間仙行が2着に入る。
 「後閑が良いスピードでそのまま中を突っ込んでくれた。俺を連れて行こうと気遣って、ああいう結果(落車)になってしまい申し訳ないね。でも、後閑の気持ちに応えるためにも、明日もしっかり走ります」
 望月永悟が3着に。
 「片寄はよくあそこで叩いてくれた。平原が流すことをしっかり頭に入れてたね。あれだけ行ってくれたんだから、早めに踏ませてもらいました」
 片寄雄己はラインに貢献し満足。
 「ジャンで平原が(前に)出てしまったんでヤバいと思った。遅れてしまうんで、もうここだと思って思い切り踏みました。残れないのは自分の力不足ですよ」

 最終11レースは坂本貴史の先行に乗り、岡村潤がバックから番手まくりを敢行。後続の反撃を凌いで1着でゴールした。
 「中団で(深谷知広と松岡孔明が)やり合ってるのが見えたけど、変に前をかばうよりは前に出た方が良いと思った。深谷も強いんで。他地区の選手なのに申し訳ないですね。僕は今日が一番脚が軽かったです」
 切り替え策から岩津裕介が追い込んで2着。注目の深谷知広は中団を争い内に詰まったが、外を退かして単独を確保。番手まくりで合わされ、さらに2センターではブロックを受け万事休すかと思われた。しかし、これを意地で乗り切ると3着でゴール。冷や冷やものの優出となったが、改めて強さを見せ付けた。
 「抜け出しまでに時間が掛かってしまい、ラインに迷惑を掛けてしまいました。最後は余力は残ってなかったけど我慢できてよかった。体の反応は悪くないです」

 敗者戦も見応えのあるレースが多く、手に汗握る展開となった。5レースは宿口陽一の番手が初手から競り合いに。先行一車の宿口が有利に逃げ切った。
 「飛び付きかイン粘りだと思ってたんで、顔見せから(競りに)きたんでビックリした。その作戦は考えてなかったんで難しかったですね。柴田(洋輔)君が取り切ったのが見えたんで大丈夫だと思ったんだけど。ラインで決めたかったですね」
 吉村和之は競り負けたものの、しぶとく差し返して2着に入る。
 「外競りはやったことがないんで難しかった。当たり方とか全くダメだったし、踏み出しで遅れてしまった。それ以上恥ずかしいところは見せられないんで、最後は気持ちだけで踏みました。こういうレースは気合が入りますね」

 6レースはこれでシリーズ3日連続の連係となった松岡健介、山内卓也がついにワンツーを決めた。勝った松岡はホッとした表情。
 「三ツ石(康洋)君も僕も同じような戦法。今日は前を取って三ツ石君がしたくない組み立てをさせようと思ってた。やっと1着ですね。連日、大きな着で点数を落としたので、何とか勝てて良かったです」
 山内卓也は松岡のスピードの前に完敗。「健介が強かった」と言葉少なにレースを振り返った。

 7レースは山本健也が中団からまくり決め、佐藤朋也、矢野昌彦を撃破。シリーズ3日目にして1勝を手にした。
 「今日は作戦は何も考えてなくて、とりあえず前に踏んで7番手だけにはならないようにと。中団は取れたけど、前が蛇行してタイミングがズレてしまい、後ろに迷惑を掛けてしまいました。でも、脚の感触はずっと良かったんで、ようやく1着取れて嬉しいですね」
 Copyright(c) 2005-2011 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。