KEIRIN EXPRESS|日刊プロスポーツ新聞社
HOME
特別競輪
記念速報
コラム
お問い合わせ
リンク
プロスポーツ
赤競.NET
永久保存版オールガイド
FAX-NET赤競
HOME > 記念競輪 > 小田原競輪場開設61周年記念「北条早雲杯争奪戦」
記念速報
小田原競輪場開設61周年記念「北条早雲杯争奪戦」
◆記事タイトル◆
 
   
>>決勝戦の赤競.NETを表示する
 大記録達成も坂本亮馬は「『神奈川グランドスラム賞』って特別賞も貰っちゃいました」と、あっけらかん。そんな姿に坂本の天分を感じさせる。
  「優勝できて嬉しいですね。今日は後ろから普通に押さえて駆ける作戦でした。永井さんに突っ張られるのも想定内だったし、中団が空いていたのも見えてたんで下げました。(豊岡)哲生が永井さんの脚を消耗させてくれたんで、あとは後ろに決めてもらおうと思ってたし、早めに仕掛けました。でも、最後は神奈川のツキもあって勝てましたね」
  次のオールスターは「ドリームレース」選出され、断然に有利な勝ち上がり。悲願のG1制覇に向け、いつもの強気な「亮馬節」が飛び出した。
  「今回の記念とオールスターはまた別だけど、これで弾みが付きましたね。自分はどんなレースでも毎回毎回、優勝を目指して来てるんで。今は調子も良いし、平ではいつも通りのレースで頑張ります」

 松岡貴久は坂本を交わせず。記念初優勝はならなかった。
  「永井さんが相手ではああいう展開になると思ってたけど、(坂本が)もう半周早く行ってくれればチャンスがあったかも。2コーナーまくりでは今の調子では抜くのは厳しいですね。4コーナーからまた伸びていく感じだったし、亮馬が上手だったし強かった。とても抜ける感じはしなかったね」

 海老根恵太は踏み遅れが致命傷となった。
  「やり合う展開になると思ってたけど、前の踏み出しが良すぎて離れてしまい、亮馬に入られてしまった。ああなっては巻き返せない。しっかり付いてないとダメだし、こういうミスをなくさないといけない」
  永井清史は力で真っ向勝負を挑んだが、坂本にすんなり中団に入られては成す術がなかった。
  「九州勢を出させては面白くないんで突っ張りました。亮馬が引くのも頭にあっし、中団で(坂本が)海老根さんとからむかなと。そうなれば面白かったけど、すんなりではどうしようもないですね」
  小倉竜二は坂本を止められず。
  「永井は掛かってたよ。でも、最初から永井は結構踏んでたんで、後半は厳しいよね。自分も脚が一杯やった」
  豊岡哲生は先輩の優勝に貢献し満足げ。
  「どっから行っても結果(突っ張られる)は同じだったかも。永井さんとは力が全く違った。でも、亮馬さんには高校のときから世話になっているし、先輩に貢献できたんで良かったです」


レース経過
 スタートでけん制が入ったが、海老根恵太が誘導員を追って正攻法。周回は海老根―新田康仁―永井清史―小倉竜二―吉永好宏―豊岡哲生―坂本亮馬―松岡貴久―田中誠の並びで進む。
 青板から永井は車間を空けて九州の2段駆けを警戒。1センターから豊岡が主導権を取りに行くが、合わせて永井も踏み込み豊岡を出させない。豊岡不発と見た坂本はとっさに中団を確保。海老根は8番手に置かれてしまう。打鐘前で豊岡が力尽きると、車間を切ってまくりのタイミングを待っていた坂本が最終1コーナーからまくって出る。豊岡を相手に早仕掛けを強いられた永井とのスピード差は歴然で、番手で懸命のブロックを見せる小倉を横目に3コーナーでは3番手の田中まで出切ってしまう。終始、後手後手に回らされた海老根は届かず、坂本後位で記念初Vを狙った松岡も交わせない。押し切った坂本が1年足らずで神奈川4場の記念を全制覇した。

 

HOME このページのトップへ戻る


Copyright(c) 2010 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで