松戸競輪場 【全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪】【ワールドグランプリシリーズ05】
レース展望/注目選手 出場選手データ 場外発売/テレビ中継 検車場レポート 出走表/競走結果
松戸競輪場
レース展望


「全プロ記念・ワールドGPシリーズ」システムも味方に小野俊之
【全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪】【ワールドグランプリシリーズ05】 展望写真 【全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪】【ワールドグランプリシリーズ05】 展望写真

 04賞金王・小野俊之を中心に、日本勢が世界を一蹴!

 『全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪・ワールドグランプリシリーズ05』(新潟県中越地震復興支援)は、松戸バンクで5月21、22日に開催される。2日制で2本立てのトーナメント方式へ、大きく変貌を遂げた今大会。メインのワールドGPシリーズでは、小野が日本勢に有利な勝ち上がりも生かし、ボス、ガネら世界の強豪を退けよう。尚、トラック競技は翌23日に開催される。

 決め脚の蘇る小野俊之が本命だ。ふるさと武雄ではVゴールが“幻”と化しながら、直後の平塚記念で決勝2着と、小野は肉体と勝負勘が噛み合い続けている。絶妙なハンドリングは外国勢に成し得ない特技で、不利な展開を軽く凌げる雰囲気も漂う。加えて、初日の全プロ国際競輪レースから、信頼を寄せる荒井崇博、加倉正義とスクラムを組めるのは強味。この新システムも追い風に、小野がワールドグランプリを制す確立は高い。

 対抗には、昨年のWGP覇者・佐藤慎太郎を推す。初日から位置の選択がポイントとなるが、佐藤はふるさと武雄で優勝した際のように、単騎の不利を克服したケースが数多い。今回も持ち前の敏捷性を発揮すれば、好勝負に持ち込むだろう。

 もう一方の日本人勢力は、充実一途の神山雄一郎、後閑信一の関東スジだ。神山は4月宇都宮国際を制した後も、ハイラップを連発するなど好調を維持している。後閑は一時、インフルエンザを患ったものの、調整力に定評があり不安が少ない。本線に匹敵するラインが完成する。

 外国勢は厳しい勝ち上がりシステムを、どう克服するかが鍵。国際選抜に外国勢のベスト6が顔を揃えても、相手は神山や、超ド級の先行を見せる小嶋敬二ら。4着権利の全てを勝ち取るのは難しく、ワースト3が1着権利に挑む予選にも武田らが立ちはだかる。両方で組み立てを失敗すれば、ワールドグランプリを戦う外国勢は唯一人、という事態まで考えられる。但し、競走得点が加算される日本勢に比べ、純粋に高賞金を求める外国勢が思い切った手を打てるのも事実。舞台も得意な小回りで、その軸と考えられるボスやガネ、ベイリーに、V機が巡るシフトを敷くのも容易か…。

 独走やスプリント系で多くの勲章を持つボスは、4月奈良国際Vと、2度目の国際競輪に白星ラッシュで適性を見せる。今年で5度目のガネは、4月京王閣国際Vと国際競輪の戦略を心得ている。対照的に、ベイリーは4月広島国際を消化した時点で未勝利。だが、アテネ五輪で金メダル2つと身体能力は断トツで、この3者が日本勢をどう脅かすかにも注目したい。

【全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪】【ワールドグランプリシリーズ05】 展望写真 【全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪】【ワールドグランプリシリーズ05】 展望写真 【全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪】【ワールドグランプリシリーズ05】 展望写真



全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪
 決勝が無くとも、『ワールドグランプリシリーズ』と同様で、期間出走回数に含まれ、競走得点がカウントされる。直後にトラック競技参加を控える面々での争いとはいえ、白熱したトーナメントになるはずだ。

 もちろん、その主役を張るのは吉岡稔真と伏見俊昭だ。ダービーで優参以降の両者は、それぞれ西武園記念で優参、平記念をVと、ハイレベルの戦歴を維持している。但し、吉岡は大垣記を欠場し、伏見はふるさと武雄で本来の攻撃力を見せられず終い。現在の状態は未知数で、両者がそれぞれ直前に参戦する宇都宮記念、別府記念でその動向を見極めたい。

 平塚記念で動きが軽快だったのは岡部芳幸、佐々木則幸と海老根恵太。岡部、佐々木は混戦待ちの感が強いながら、出色のトップスピードを維持。また、海老根は準優Cを先行策で白星突破と、心身共に程好いバランスを保つ。各車の始動が早まるバンク特性も、この3車の回転力を後押しする。

 追い込み屋へ目を移せば山口幸二、渡辺晴智、小倉竜二の充実ぶりが目立つ。山口はふるさと武雄での落車が軽傷で済み、続く大垣記念でも“らしさ”を披露。渡辺、小倉も“詰め”を維持し、それぞれ目標次第で信頼度が増す。また、5月名古屋Sを制すなど、レース勘の冴える金子貴志と対照的に、矢口啓一郎、稲垣裕之はリズムが今一つの感。実績で優る小橋正義、内林久徳の完全復調も待たれる処だろう。

実施方法について



 KEIRIN EXPRESS
Copyright(c) 2005 Nikkan Prosports Shinbunsya kk. All rights reserved.
当サイトに掲載された全ての文章、画像について無断転載、直接リンクを禁じます。
お問い合わせはwebmaster@nikkan-pro.co.jpまで